長門有希共同blog

長門スレまとめサイト付属のblogです。IDを取得すれば、記事の投稿などに参加できます。詳しくは最初の記事をご覧ください。

まとめWikiに戻る

記事の日付

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2020年12月 次月>>

ブログ内検索

ログイン

現在: ゲストモード
ユーザーID:
パスワード:
管理画面

参加者

名前をたどるとプロフィールを、件数をたどると記事一覧を表示します。

カテゴリー

新着記事

新着コメント

新着トラックバック

月別記事

12か月分表示します

since 2006.08.11

リンク

使用スクリプト

BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

その他


2006年11月25日(土)

阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作 #8 パーツ類の準備・塗装

#7 表面仕上げ の続き >

今晩は。

22日夜より、各記事上部(タイトルの横)に小さな画像を表示するようにしたのですが、お気づきでしょうか?
これは、その記事の著者を示すアイコンのようなもので、各記事の著者を視覚的に分かりやすく示す為に設置いたしました。記事をお読みになる時、目安にしていただければ幸いです。

これらの画像は、各参加者自身が作成したものですので、それぞれ個性が出ていて良いのでは、と思います。

私の場合は、

↓これらをインスパイヤして、
快速各種

↓「長門路快速」なるものを作成してみました。
長門路快速

如何でしょうw

「路快速」の部分には、「西日本方向幕ロゴ」というフォントを使用しています。「長門」の部分は、当然フォントに含まれていないので、自作(というか、捏造?)です。

さて今回は、車体の塗装後に取り付けるパーツ類の準備を行います。

屋根板・屋根上機器類

仮組みの時にお伝えしたように、今回の模型製作では、屋根板は塗装後に別付けすることとしています。この記事では、まず屋根板の準備から行いたいと思います。

屋根板はパンタ付き車用1枚とパンタ無し車用2枚、クーラーは9ヶ、ヒューズボックスは大2ヶと小1ヶ、避雷器は1ヶ、ランナーから切り離して切り口を整えておきます。

パンタ付き屋根(Mc車用)については、前から1個目と2個目のクーラー間には無線アンテナが、前から2個目と3個目のクーラー間にはヒューズボックス用の台座が載りますので、その位置決めのためにテープ等でクーラーを仮止めします。クーラーの位置は、実物写真等で確認すると良いでしょう。説明書で示された位置は、あまり当てにならないかもしれません。位置決めが済んだら、アンテナの取り付け孔を開け、台座も接着します。台座横の配管は、実車ではヒューズ箱を経由するため台座の部分で途切れていますが、このキットの屋根板表面は梨地仕上げとなっており、一部だけ削ると違和感が出そうですので、そのままとしておきます(手抜き)。それが済んだら、パンタ取り付け孔も開けておきます。

パンタなし屋根(M'c車用)には、無線アンテナの取り付け孔を開けます。位置は、実車写真を参考にします。パンタなし屋根(T車用)への加工箇所は、特にありません。

それが済んだら、塗装を行います。屋根板にはGMカラースプレー 9 ねずみ色1号を、屋根上機器にはGMカラースプレー 14 灰色9号を吹きます。無線アンテナは、ランナーに付いたまま塗装したほうがやりやすいと思います。下枠交差型パンタは塗装しづらいので、今回は塗装しません(手抜き)。

▽ (左)屋根板の塗装後 (右)屋根上機器の塗装後
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-1 阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-2

塗装が済んだら、機器類を接着します。クーラーは、ゴム系接着剤を使用して、じわじわと位置決めしたほうが良さそうです。

▽ 屋根を組み立てた所
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-3 阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-4

配管などの塗り分けは、今回特にしていません(手抜き)。

前面パーツ類

前面にはスカートが付きます。スカートのパーツは成型状態が悪いので、不要な出っ張りを削っておきます。それが済んだらGMカラースプレー 14 灰色9号を吹きます。ランナーに付いたまま塗装したほうがやりやすいでしょう。

▽ スカート(10円玉の横)
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-5

ここからは、市販パーツの取り付け準備をします。

前面ホロ枠と渡り板には、MODEL524製のパーツ「H 107 阪急前面幌枠」を利用します。ステンレス板エッチング製ですのでホロ枠に塗装は不要ですが、渡り板には車体色の塗装が必要ですので、ここで塗装しておきます。(洗浄 → プライマー → ぶどう色2号 → 阪急マルーン → クリアー光沢 の順で。)

▽ (左)塗装前 (右)塗装後
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-6 阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-7

床下パーツ類

床下には、乗務員ステップ(銀河製 N-028 乗務員ステップ)、クレーンフック(TAVASA製 PN-546 クレーンフック)、ハンドスコッチ(MODEL524製 Z 903 ハンドスコッチ)、排障器(TAVASA製 PN-451 排障器)を付けますので、ここで塗装をしておきます。(洗浄 → タミヤ製スーパーサーフェイサー → ねずみ色1号 にて。ハンドスコッチには黄色の色差しもします。)排障器は、塗装前に折り曲げておきます。

▽ 乗務員ステップ(塗装前)
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-8

これらは細かなパーツですので、ここでは説明のみとして、それぞれの写真は実際の取り付け時に掲載いたします。

その他

車内には運転台仕切板(MODEL524製 H 111 阪急運転台仕切板)を付けますので、折り曲げ後、塗装しておきます。(洗浄 → プライマー → 西武トニーベージュ にて。)

▽ 折り曲げている所
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#8-9

塗装後の写真は、実際の取り付け時に掲載いたします。

今回の作業はここまでです。前回に引き続き、今回も準備作業を行ったため、記事としては面白くなかったかも知れません。申し訳ない……
次回は車体の塗装を行います。いよいよ車体が阪急らしいマルーン色になりますよ~

#9 本体塗装 に続く >



| 雑談 | 12:08 AM | comments (9) | trackback (0) |

コメント

ふと思ったのですが、長門さんのイメージカラーって明るい青(キャラソン)か、
紫(髪の毛)というイメージがあるのですが、いかがでしょうか。

なんとなくオレンジじゃないなー、と……。
| 読者B | EMAIL | URL | 2006/11/25 02:33 AM | pTsEljjg |

>なんとなくオレンジじゃないなー、と……。

確かに……
特に何も考えずに、「快速だからオレンジ」で塗ってましたw

▽ 青と紫で、2つずつ作ってみました
http://nagatoyuki.info/blog/files/nagatojikaisoku_3_2.png

アイコン画像にした時にもよく目立つという点ではオレンジも捨てがたいですが、オレンジより良い色が有れば今からでも変更できるので、どうぞ宜しくお願いします。個人的には、上の画像の2番なんかも良い方じゃないかと思いますが。
| miha | EMAIL | URL | 2006/11/25 04:15 AM | /Gpo08/Y |

早速拝見しました。
個人的には1か3が長門さんのイメージに合っていていいなと思ったのですが、
1だと新快速との区別が付きにくいので、3がベターでしょうか。

アイコン画像としての目立ち具合なら2なのでしょうけど……。4はちょっとくすみ過ぎ?

識者の方(単にナガトスキーともいう)の意見も拝聴したいですね。
| 読者B | EMAIL | URL | 2006/11/25 01:23 PM | pTsEljjg |

なるほど……

しかし3だと、縮小した時に若干判読しづらいという……

▽ 上の画像のアイコンサイズ縮小版
http://nagatoyuki.info/blog/files/nagatojikaisoku_3_1.png
| miha | EMAIL | URL | 2006/11/25 02:03 PM | /Gpo08/Y |

何てこった…今の今まで「長門『新』快速」だと思ってました…orz
『路』だったんですね…

パンタグラフ(でしたっけ?)は折り畳めるんでしょうか…
そして比較対象の10円玉を見る限り本当に小さいんですね
スイングの長門さんが大きく見えるわけだwww

次回はいよいよ塗装ですか…頑張ってください
| 書き込めない人 | EMAIL | URL | 2006/11/25 09:38 PM | ZMMCeO7g |

関西圏には、「大和路快速」など、「○○路快速」という愛称の快速列車が走っているので、それをインスパイヤしています。
「みやこ路快速」の「み」を利用して、「みくる路快速」も作れるかも……?

パンタは畳めますよ。
Nゲージでは、旧い新幹線電車モデルの小型パンタを除き、ほぼ全ての製品のパンタが畳めるようになっています。
| miha | EMAIL | URL | 2006/11/27 12:57 AM | /Gpo08/Y |

指摘がありましたので改めてこちらにコメントさせていただきます。
管理人様こんにちは。システムのエラーですか。長々とコメントしましたのでカキコ出来なかったのかと心配しました。阪急電車順調に進めてますね。いつも楽しみにしています。当方も3両編成ですので、コチラのブログにあります編成表や画像等大変参考になります。レストアですが、真鍮製ですので運転室後ろの窓を開けたり、パンタ付先頭車の屋根上配管を作ったりの作業がプラと違い手間がかかりまして、やや停滞ぎみです。また、本線7000系8両編成をGMキットで造り始めたりと浮気性もありまして、完成はいつになることやら(汗)まぁ年内完成を目指してがんばります。
| ときわ | EMAIL | URL | 2006/11/28 10:39 PM | 8Va0vyzw |

今さら感満載ですが、私は橙色のままがいいかなと。
鉄道のことは余り分かりませんが、らしさを出してかつ「+長門」もいいかなと。

完成していく姿を見守らせていただきます。
自分は手先不器用なので、ちょっとうらやましい…。
| 753k | EMAIL | URL | 2006/12/01 12:46 AM | HJaXM0OA |

エンドウ製Nゲージモデルについてあまり知らなかったので、ちょっと調べて来ました。阪急6000以外にも、真鍮製で色々出していたそうですね。(GM製ハイカスタム仕様キットとの関係がイマイチ分からないのですが……、当時、台車を流用していただけなのでしょうか? 今はHOモデルメーカーとしての印象しか無いですし、当時の事は存じ上げておりませんでして……)
屋根上配管は、製品には一切表現されていないということ(?)で、工作のしがいがありそうですね。今は細かい刻みの径の各種線材が手に入りますから、それらを使って存分に細密化が楽しめそうです。このblogではP付車屋根上の画像がご用意できなかったので申し訳ないですが。(適当な撮影場所が見つからなかったので)

「長門路快速」種別幕の色は、とりあえずこのままで行ってみますか……。
| miha | EMAIL | URL | 2006/12/05 10:36 PM | /Gpo08/Y |


コメントする









この記事のトラックバックURL

http://nagatoyuki.info/blog/tb.php/93
※スパム対策のため、言及リンクを必須としています。(あくまでスパム対策です。ご了承下さい)

トラックバック


[このblogのトップに戻る] [長門スレまとめWikiに戻る]

サイト管理:miha