長門有希共同blog

長門スレまとめサイト付属のblogです。IDを取得すれば、記事の投稿などに参加できます。詳しくは最初の記事をご覧ください。

まとめWikiに戻る

記事の日付

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>

ブログ内検索

ログイン

現在: ゲストモード
ユーザーID:
パスワード:
管理画面

参加者

名前をたどるとプロフィールを、件数をたどると記事一覧を表示します。

カテゴリー

新着記事

新着コメント

新着トラックバック

月別記事

12か月分表示します

since 2006.08.11

リンク

使用スクリプト

BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

その他


2006年12月05日(火)

阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作 #9 本体塗装

#8 パーツ類の準備・塗装 の続き >

今晩は。

キャラソンの4・5巻が出ましたね。本来は明日が発売日のようですが、本日某店を覗いた所店頭に並んでいたので、私も購入して参りました。

▽ 本日の買い物 (何故キハ125が……
キャラソンとキハ125買ってきた

……で、早速聴いているわけですが、良いですねコレ。
特に朝倉涼子のCDは、1曲めと2曲めのギャップがありすぎてワロタwもうネタCDとしか思えんwww
いろんな意味で、ナチャーンにピッタリですよ。(注:褒めてます
中でも1曲めは、ひと昔前のアイドルっぽい曲調で、気に入りました。

さて、前回の模型制作の記事から少々間が空いてしまいましたが、今回は車体の塗装を行います。一般に、模型の見栄えは塗装で決まります。工作が上手くても塗装が下手ならば作品は台無しです。逆に、工作が下手でも塗装がそこそこ良ければ、十分に観賞に堪える作品に仕上がります。

車体の塗装

今回模型化している車両(実車)は、マルーン(茶色)を基本としつつ、窓上の屋根肩部にアイボリー(白色)のアクセントが付くという塗装がなされています。そこで、ここでは塗装の定石(明るい色から塗る)に基づき、アイボリー → (窓上をマスキング) → マルーン の順で塗装することにします。

そういう訳で、早速、GMカラースプレー 21 小田急アイボリー の吹きつけから始めたい所ですが、この塗料は隠ぺい力(下地の色を隠して塗料本来の発色をする力)が弱いので、予め下に同系色を塗り、発色を向上する必要があります。今回はGMカラースプレー 37 白3号を使用しました。

下塗りが出来たら、改めてアイボリーを吹きます。厚塗りにならない様注意してください。車体側面には上からマルーンに塗るわけですから、そこに塗料が回っていなくても、特に気にする必要はありません。同じ面に対して、向きを変えて3~4回で済ませるようにします。

▽アイボリーを塗った所
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-1 阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-2

アイボリーの塗料が乾燥(一晩~1日)したら、マスキング作業に入ります。

このマスキングの良し悪しが塗装の品質を決定しますので、十分に吟味して作業を進めます。とはいえ今回製作している車両の塗り分けは直線が主体ですし、ドアなどの段差に塗り分け線が来るわけでもないので、割と簡単な方では有ります。それでも、これまでのどの作業よりも丁寧に行う必要があるでしょう。マスキングテープの切り出しに使用するカッターナイフの刃は惜しまず折り取り、常に鋭い状態を保つようにします。塗り分け線の位置は現物あわせで決めて良いですが、3両で位置が揃うよう注意します。私は妻面の昇降ステップ上辺を基準にしてみました。また、マスキングのし易さ・塗料の吹き込み防止の観点から、屋根をはめてマスキングを行いました。

▽ マスキングをした所
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-3

マスキングが出来たら、間を空けずに上から塗装をします。

まず、にじみ防止のため、マスキングの境目を中心に、アイボリーを軽く吹きます。

それが乾いた(20~30分)ら、GMカラースプレー 2 ぶどう色2号を吹きます。これは、GMカラーのマルーンの隠ぺい力が弱いためです。先と同様の理由で、同系色であるぶどう色を下地として吹いています。(隠ぺい力の弱い塗料の見本市のようになってしまい申し訳ないです。このような例は少ないのですが……。)白色が隠れるよう、向きを変えて何度にも分けて吹きます。

それが良ければ、GMカラースプレー 32 阪急マルーンを吹きます。塗り残しの無いように・かつ厚塗りにならないように、注意します。

▽ 塗りあがり
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-4

▽アイボリーに塗った状態 / マスキングした状態 / マルーンを塗った状態 を並べてみる
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-5
注:ここでは、撮影のために3両の塗装作業の進行状態を違えてありますが、本来は同時に作業した方が良いです。さもなくば、各車両の仕上がりが変わってきてしまう場合があります。

マルーンの塗料が乾燥したら、マスキングテープを剥がします。乾燥後、長く時間を置いてしまう(塗料が完全に固着してしまう)と剥がし辛くなる上、塗り分けの段差が目立ってしまいますので、数時間~1日程度のうちに剥がしてしまいます。

▽ マスキングを剥がしていく
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-6 阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-7

マスキングを剥がすにつれて、これまでに塗った色(今回は1色だけですが)が出現して来るのは、何度やっても楽しいですね~。

▽ 剥がし終わった所 (屋根も再び外した)
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-8

同様に、3両を塗装します。

▽ 車体の基本塗装が終了
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-9 阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-10

これで車体の塗り分け塗装が完了です。いよいよ阪急らしいマルーン色になりました。

これまで話題にしませんでしたが、車体やパーツの塗装は、まさか直接手で持って行うわけにも行きませんから、下の画像のような道具を作成して保持しています。(鉄道模型趣味誌のRM Modelsで紹介されていた方法を利用)
阪急6000系3連ワンマン車Nゲージモデル製作#9-11

次回は、車体表面へのマーク類の貼り付けや、窓枠等の塗装を行います。

#10 レタリング に続く >



| 雑談 | 10:08 PM | comments (9) | trackback (0) |

コメント

こっそりこの記事を待ってました。
模型とかってよく分からないので見てて楽しいです。(人って自分が出来ない事を人がしているのを見るのが楽しかったり、人が自分の出来ない事をやっているのが悔しかったり、ややこしい……)
さすがに「肩のジョイントがはまらず挫折した」なんて事はありませんがプラモデルと模型は全然違うし……。
まあそういう訳で応援している人もいますよ、って事で。

それでは。
| SS書き見習い | EMAIL | URL | 2006/12/06 10:46 PM | Uc7/AVW2 |

なんという地道な作業…
切ったり貼ったり塗ったり剥がしたり…お疲れ様です

色を塗ると一気に完成形に近くなった気がします
というかもしや完成間近ですか?
立派な姿になるのを楽しみにしております

キャラソンは長門さんのものしか所有していません…
朝倉さん&鶴屋さん(´・ω・`)ウラヤマシス
| 書き込めない人 | EMAIL | URL | 2006/12/07 12:20 AM | ZMMCeO7g |

阪急6000系よりもキハ125のほうが気になって仕方ないのは私だけでしょうか……。
よく見ると税込2,100とか書いてありますね(だから何
| 読者B | EMAIL | URL | 2006/12/07 02:14 AM | pTsEljjg |

> 「肩のジョイントがはまらず挫折した」
Nゲージ鉄道模型の場合、主たる可動部分である台車や動力などには既製品を使用する場合が多いので、あまり「○○がはまらず(or動かず)」挫折する事はありませんねえ。蒸気機関車の真鍮キットは下回りも自分で組み立てないといけないので、ロッドの調整が上手く行かずに挫折する事はあるかもしれませんが……。
ただ、車体に関しても細かなパーツが多いので、ピンセットで掴んで取り付けようとしたら部品が飛んで行方不明に……なんて事はありますが。
ともあれ応援有り難う御座います。

> もしや完成間近ですか?
そうですね。
ただ、実車の最大のアクセントとも言える窓枠の色塗りがまだ済んでいないので、現段階の車体の写真をご覧頂いてもパッとしないとは思います。
窓枠の銀色を1つ1つ塗っていくので大変なのですが……これが終わればあとは何の心配も要らないかと。
窓枠の塗装については、次回更新でお伝えします。

> キャラソンは長門さんのものしか所有していません…
個人的に、朝倉さんのはお勧めですよ。ハルヒやみくるより良いですw

> キハ125のほうが気になって仕方ない
↓これですよ。(メーカーの製品紹介ページ)
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/kitchen/kiha125.htm
ガレージキットメーカーの「キッチン」がプラ射出成型キットを出したと言う事で、珍しいので購入してみました。(普通、ガレージメーカー製キット・車体素材と言えば、真鍮板エッチング製です。フィギュアなどではレジン製品が多いようですが、レジンは鉄道模型の車体には不向きです。参考:http://www5.atwiki.jp/tetsu-ita/pages/24.html#id_f6d1327b )
しかし、プラ射出成型でこの値段では、メーカーは赤字ですよね?
| miha | EMAIL | URL | 2006/12/09 02:58 AM | /Gpo08/Y |

窓枠を一つ一つ塗っていくなど、
私には気の遠くなるような作業に聞こえてしまいます。
塗りあがりのマスキングテープを剥がす前の写真を見て
なんかケーキっぽくておいしそうだとか思ってごめんなさい。
とにかく完成を待ってます。

キャラソンはまだ届きません。まったく。amazonはまったく!
朝倉楽しみ。
| 753k | EMAIL | URL | 2006/12/11 01:32 AM | HJaXM0OA |

>塗装の定石(明るい色から塗る)に基づき

これ最近知りました・・・やっぱどこの世界でも塗り方の順序ってのは同じようですね・・・何か恥ずかしくなってきたorz
今まで(と言うか先月まで)普通に塗ってたので上手く色が表現できてなかったのかな・・・
コピックもPCも明るい色から塗るんだなぁ・・・orz

そしてここまでの作業お疲れ様です。
もう少しで完成ですか・・・楽しみですなw

キャラソン買うお金が無いですよ・・・orz
朝倉さんのキャラソン聞きたいです・・・年末までに買えるといいが・・・
| つちのこ | EMAIL | URL | 2006/12/11 07:09 PM | nWNt7s4. |

>私には気の遠くなるような作業に聞こえてしまいます。
確かに大変ですよ。
今回は3両編成なので、まだマシですが……。

キャラソンは届きましたか?

>やっぱどこの世界でも塗り方の順序ってのは同じようですね
絵でもそうなのですか。
先に濃い色を塗ってしまうと、上から薄い色を塗っても見えませんからねえ……。
ただ、マスキングの都合等を考えて、先に濃い色を塗った方が有利な場合は、先に濃い色を塗りますよ。白い車体にブルーのラインが入る車両とか。
| miha | EMAIL | URL | 2006/12/17 08:52 PM | /Gpo08/Y |

キャラソン届きましたが、どうなんでしょう、鶴屋さんとか。
それとインタフェースの歌にセリフが付くのは仕様ですか?そうですか。
とすると、緑の人はどうなるのかと思ったり。

青を大まかに塗ってライン状にマスクして、残りの白を塗る。
先に白を塗るとライン以外全ての部分をマスクしないといけない。
ああ、前者のほうが楽ですねえ。なるほろ。
| 753k | EMAIL | URL | 2006/12/17 10:43 PM | HJaXM0OA |

わたしはそのエコノミーキットを使って6050Fを作ろうと思うんですが、作るのがむずかしそう。いまはカトーのイージキット電車庫作っているからなー、行きつけの模型店にイージキットがあるのは分かってるのですが
| tanaberyouta | EMAIL | URL | 2010/12/09 04:04 PM | sZbCG7YA |


コメントする









この記事のトラックバックURL

http://nagatoyuki.info/blog/tb.php/102
※スパム対策のため、言及リンクを必須としています。(あくまでスパム対策です。ご了承下さい)

トラックバック


[このblogのトップに戻る] [長門スレまとめWikiに戻る]

サイト管理:miha