#navi(SS集)

#br

* 作品 [#c7d372b7]

** 概要 [#b955e4fa]

|~作者      |nanashi  |
|~作品名    |長門と一夜12 |
|~カテゴリー|長門SS(一般)|
|~保管日    |2006-08-28 (月) 23:38:38   |

** 登場キャラ [#ybbc4753]

//////////

|~キョン    |登場    |
|~キョンの妹|不登場  |
|~ハルヒ    |不登場  |
|~みくる    |不登場  |
|~古泉一樹  |不登場 |
|~鶴屋さん  |不登場 |
|~朝倉涼子  |不登場 |
|~喜緑江美里|不登場|
|~周防九曜  |不登場   |
|~思念体    |不登場  |
|~天蓋領域  |不登場  |
|~阪中      |不登場|
|~谷口      |不登場|
|~ミヨキチ  |不登場    |
|~佐々木    |不登場  |
|~橘京子    |不登場   |

** SS [#jb9b84d1]

//////////

#br

#setlinebreak(on)

「長門、少し窮屈じゃないか?」
「だいじょうぶ」
しかし俺は相当窮屈に感じるんだが。無理もない。なんてったって一人分の布団に二人が強引に入ってるんだ。キツいに決まってる
「長門、布団構成してくれないか?」
「……だめ」
変なところで頑固だな。
「じゃあせめてもう少しこの布団を大きくしてくれないか?」
「……だめ」
「なんで?」
「それだとあなたの体温を感じないから」
理性の壁にヒビが……
「長門、それはどういう……」
「…………」
今長門は顔を赤らめているのだろうか?背を向かい合わせているので顔は確認できない。
背を向かい合わせていても長門の肩とお尻には接触してしまう。また理性の壁にヒビが……
俺は気を紛らわすために話題を変える。
「長門、どうして俺のパジャマはお前と同じ柄にしたんだ?」
少し沈黙した後長門はこう言った。~
「あなたとお揃いが良かったから」~
もうね長門よ。そんなに俺を肉食獣に変身させたいのか?~
長門からシャンプーの良い香りが漂ってくる。お尻も接触してる。こんな状況下で寝れる奴がいたら連絡しろ!!
―――――――――――「なぁ長門……」
「………」
「寝ちゃったか……」
無理もない。流石に夜中だし不思議探索ツアーもあった。
俺も眠いんだが寝れない……。
このまま朝まで過ごすか……と考えていたその時~
寝返りをうった長門は俺の耳元で寝息をたてはじめた。
//////////

#setlinebreak(default)

#br

----
トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS