#navi(SS集)

#br

* 作品 [#pa188bae]

** 概要 [#ueb41126]

|~作者      |nanashi  |
|~作品名    |長門と一夜9 |
|~カテゴリー|長門SS(一般)|
|~保管日    |2006-08-28 (月) 21:19:59   |
|~キョン    |登場    |
|~キョンの妹|不登場  |
|~ハルヒ    |不登場  |
|~みくる    |不登場  |
|~古泉一樹  |不登場 |
|~鶴屋さん  |不登場 |
|~朝倉涼子  |不登場 |
|~喜緑江美里|不登場|
|~周防九曜  |不登場   |
|~思念体    |不登場  |
|~天蓋領域  |不登場  |
|~阪中      |不登場|
|~谷口      |不登場|
|~ミヨキチ  |不登場    |
|~佐々木    |不登場  |
|~橘京子    |不登場   |

** SS [#vc9a6008]

//////////

#br

#setlinebreak(on)

オムライスを食べ終わり長門があの部屋に入っている間に俺は皿を片付ける。
皿洗いも終わり勝手にしては悪いとは思ったがお茶を淹れる。
相変わらず外は豪雨に強風だ。帰れるかな?
それにしても長門の奴何やってるんだ?さっき駆け込んでから10分以上経ってるぞ。そろそろ帰らなきゃならないのに。
ガラガラ……
畳の部屋から出てきたのは緑のパジャマ姿の長門だった。
こいつも睡眠というものをとるのか。そんなことは置いておこう。待て長門、その手に持っているものは何だ?
俺には緑色のお揃いのパジャマに見えるのだが気のせいか?
「長門、大変言いにくいんだが……俺は帰らなきゃならないんだ」
「えっ……」
そんな悲しそうな顔しないでくれ。帰り辛くなるじゃないか。そもそも泊まるなんて言った覚えはない。
「悪いな……オムライスうまかったぞ。また作ってくれ。じゃあな」
「……傘」
そう言って青色の傘を差し出された。
「月曜に返せばいいか?」
コクリと頷く。それ以上俺を見ないでくれ。理性が……
「じゃあ月曜に」
そう言って俺はマンションを飛び出した。~
しかし5分後……~
「……」
「長門、俺だ。すまないまた入れてもらっていいか?」
「入って」
ずぶ濡れの俺を長門はタオルを持って出迎えてくれた。
「だいじょうぶ?」
「ああ、すまない。傘壊してしまって」
「いい」
そう言って長門はまた畳の部屋に消えていった。
簡単に長門の家に戻ってきた経緯を説明しよう。
俺はマンションを飛び出した後しばらく歩いていたが強風により傘が大破
ずぶ濡れになりながら帰路につこうとするが30分以上かかる道のりを歩ききるのは困難と判断舞い戻ってきたわけである。
長門が俺のもとに戻ってきた。やっぱり緑色のパジャマを持っている。
「……」
仕方がないのでパジャマを受け取る。まさかペアルックがパジャマとは……
長門にどこで着替えればいいのか尋ねる。
「脱衣場はそこ。お風呂が沸いている。体を温めてから着ることを推奨する」
準備がいいな。いや準備がよすぎないか?
まぁいい。実際寒いし長門のお言葉に甘えよう。
「わかった。何から何まですまないな。じゃあ風呂に入ってくるよ」
そう言って俺は脱衣場へと消えていった。
//////////

#setlinebreak(default)

#br

----

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS