作品

概要

作者主流派万歳=十六夜
作品名主流派と人によって見えたり見えない星 〜お前はもう死んでいる〜
カテゴリー思念体SS
保管日2008-09-28 (日) 21:01:13

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

急「よお、穏健派。ちょっと尋ねるが主流派を見なかったか?」
穏「いいえ。……そういえば最近、見かけませんね」
急「お前もか。どうもここ一、二週間ほど見た記憶がないんだよ」
穏「言われてみればそうですね。数日は有希ちゃんの観察だとかなんとか言って
  留守にすることはありましたが、ここまで長いのは初めてですね」
急「たとえ百年いなくても、情報統合思念体としての仕事には支障はでないんだが、
  どっかで死んでるとなると寝覚めが悪いからな」
穏「あの主流派が死ぬとは考えられませんが、
  しかし死因として『萌え死』ならその可能性もあるかもしれませんね」
急「はっはっはっ。中々、現実味を帯びた事を言うじゃないか」

 

主「って、まてぇぇいい!! 私を勝手に死んだことにするなっ!!」

 

急「おお、久しぶり。
  今、ちょうどお前になんの花をささげようかと思案していたとこだそ」
穏「私はお墓のパンフレットを取り寄せようとしたところです」
主「人(?)がちょっと姿をくらましたぐらいでそんな事を考えるな。
  まあ、有希ちゃんのマル秘写真で萌え死しかけた事は何度もあるけどな」
急「ところでその姿をくらましていたのはなんの理由があってなんだ?」
主「実はな、あの有希を手込めにしたにっくきキョンとかいう小僧を
  消す段取りを整えていたためさ。
  これはばれぬよう極秘に進める必要があったので有希からの観測範囲に
  捕まらぬようにひっそりと姿をくらましてた、という理由なのだ」
穏「そんなことをしてもいいのですか?
  仮にも現状維持の立場である主流派が急進派がやるような事をしてしまって」
急「チクリと胸にさすような事を言うな」
主「うるさい、うるさい、うるさいっ!
  有希ちゃんはパパだけのものなんだからいいんだいっ!」
急「いい大人が駄々こねるな」
主「見た目は大人、頭脳は有希ちゃんの事だけの私に何を言っても無駄さ。
  夜空に瞬き、あの日に日に輝きを増すあの星に誓ったのだ!
  必ず、やり遂げてみせるとなっ!」

 
 
 
 

           ☆      ☆ 
          
          ☆       ☆            ☆     
                       ☆   ☆ 
                            ★ ←この星

 
 
 

穏「……どの星ですか?」
主「わからんか? あの辺りで一番光ってる星だ」
急「星は見えるがここからだとどれも同じような光具合にしか見えないぞ」
穏「実際の大きさは異なるのでしょうがこの惑星からではほぼ同じですね」
主「年のせいで目が悪くなってるんじゃないか、二人とも。
  私の頭上に落ちそうなぐらい光輝いているというのに。
  さ〜て。今夜にでも実行に移すとするかなっ!」

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:27 (3088d)