作品

概要

作者紅蓮
作品名許可を。
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2008-03-29 (土) 20:40:49

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「許可を」

 

長門は澄んだ瞳で俺を見つめる。
こいつはこんなことに熱くなるような奴じゃない。
だが瞳の奥には青く輝く炎が見えるような気がした。

 

「ひょっとして、勝ちたいのか?」

 

俺の問いかけには一点の曇りのない目で答える。
勝ちたいんだな、このゲームに。

 

「おし、やっちまえ」

 

長門は一言だけ、そう、と答えるとエンターボタンを押した。
俺は不思議な気持ちでいた。
あいつに許可を求められたことが前にもあったような………

 

そうだ、あの時だ。

 

――――――1ヶ月前の休日。

 

携帯のバイブ音で目が覚める。
俺は眠い目を開けられず、手探りで携帯を探した。
薄目で携帯のディスプレイを見ると、そこには「着信:長門有希」と書かれている。
あいつが……電話?
不思議に思ったが電話が鳴っているのは事実だ。
急いで電話に出る。

 

「もしもし?」

 

「……もしもし」

 

電話の声は確かに長門だ。

 

「どうした?電話なんて珍しいな」

 

「……図書館にいる」

 

ガチャ、という音とともに電話が切れた。
さっぱり意味がわからない。
図書館に来いってことか?
携帯の時計を見ると10時20分を指している。
長門から電話がかかってきたことがどうしても引っかかる。
行ってみるか、図書館に。

 

俺は急いで着替え、家を出た。

 

図書館の入り口の自動ドアが開く。
周りを見回したが、長門の姿はない。
ここにいるんだよな?いや、長門が呼び出しておいていないはずがない。
そんな自問自答をしながら、俺は図書館の奥へと進んだ。
一番奥の棚の前で、六法全書みたいな大きい本を立ち読みしている長門を見つけた。
あの小さな体でよくあんな重い本持てるな……。
俺はしばし長門に対する疑問について考察したが、よく考えればあいつは不思議だらけだった。今さら考えてどうする。
俺は長門に近づいて声をかけた。

 

「よっ!何の本読んでるんだ?」

 

「……医学の専門書。本の名前は……」

 

「いや、いい。聞いたって混乱するだけだ」

 

「……そう」

 

「ところで、いきなり電話なんかして、どうしたんだ?」

 

長門は視線を周りに向けた。何か気にしているようだ。

 

「図書館出ようか?話しづらそうだし」

 

「……いい。早く話した方が良い」

 

「…そうか」

 

そう言ったきり、長門はうつむいて動かなくなった。気のせいか、顔が少し赤い。

 

数分経ったと思う。長門は手に持っていた分厚い本を元の棚に戻し、その透き通った瞳で俺の方を見た。

 

「……話すことがある」

 

俺は緊張して唾を飲み込んだ。

 

「…なんだ?またハルヒのことか?」

 

「……違う。……私はあなたを好きになった」

 

俺は一瞬目の前が揺れた。長門よ、今なんて言った?

 

「私はあなたに好意を持っている。でも、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースにとって、それはあってはならない感情。私はあなたを好きになってもいいのか、確信できていない。だから……」

 

「許可を」

 

俺の心は落ち着いていた。長門が俺を好きでいてくれる。それは最高に嬉しい。ヒューマノイド・インターフェースとか、そんなことはどうでもいい。俺も長門のことが……。
俺は長門の瞳だけを見て話した。

 

「許可する」

 

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:14 (2734d)