作品

概要

作者ちの たりない人
作品名ゆきどけ
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2008-02-14 (木) 00:23:33

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「雪か」
部室の窓の外を、ちらほらと降り始めた雪を見て、何とはなしに呟いてみる。
「なに」
と、そんな呟きに返事が来る。なんとなく、あっそうか、などと思いつつ
「いや外。雪降り始めたな、とな」
その言葉に、しばし無言で雪を眺める長門。
やがて、その視線を俺に向け
「雪は好き?」
と聞いてきた。
「正直、寒いのは苦手だからな。夏が恋しくなる」
「そう」
微妙に、残念そうな長門の声。とは言え、俺以外にそれが解るのかはなはだ疑問ではあるが。
「ゆきはとけなきゃ、春は来ないからな」
じっと見つめて来る長門。やや、その視線が痛く感じるのも、たぶん気のせいではないだろう。

 

俺は軽く、長門の頭に手を置いた。長門の視線に疑問が混じる。
「長門も、もうすこし解けた方が良いと思う」
「……」
意味を取りかねている、そんな所だろうか。俺はかまわず続けた。
「もっと、人間にとけ込まないと、春は来ないと思うぞ」
少しの沈黙の後、長門は短く
「そう」
とだけ答えた。

 

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:11 (3087d)