作品

概要

作者ちの たりない人
作品名パンの日
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2008-02-14 (木) 00:22:30

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「あれ?長門さん」
昼休みのチャイムの後、わたしに対して話しかける女子一名。
最近になって少し、主に彼女がであるが、話すようになったクラスメートの一人…級友Aと割り振る。
「……」
わたしが無言で彼女を見詰めると、それが話を促す事と覚ってくれたのか、
「お弁当は?」
と、質問をして来た。
「ない」
わたしの即答に首をひねって見せる。

 

普段のわたしであるならば、すでに食事を済ませているか、そうでなくとも教室から出ている時間と言う事を、彼女も認識しているのだろう。
「じゃあ、学食には行かないの?」
当然来るだろうと予測していた質問にも「その必要が無い」とわたしは答える。
「じゃ……ダイエット…………?」
かなりの数の三点リーダーは、私にその必要性がない事を彼女も認識しての事だろう。
むしろ、一部には脂肪が欲しいと……エラーと思われる思考なので消去する。

 

そろそろだろう。わたしは立ち上がり教室を出る。
「スマン、待たせたか?」
それと、ほぼ同時にわたしにかけられる声。
"彼"だ。
「大丈夫」
彼は安堵とも謝罪とも取れる表情をし、手に持っていたビニール袋をふって見せた。
「取り合えず、部室に行くか」
わたしは頷き、共に歩き出す。
教室の中から「なるほど」と言う声が聞こえてきた。

 

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:11 (3092d)