作品

概要

作者主流派万歳=十六夜
作品名主流派と谷口 〜そして伝説へ…〜
カテゴリー思念体SS
保管日2008-02-13 (水) 00:51:23

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

俺の名は谷口。
太陽が雲一つ無い西に傾き、明日の天気もハレ晴レユカイを予感させる帰り道だが、
俺の心持はヒジョーに複雑だ。
先ほど俺は『良い行い』といえる事をしたのだが、その結果生まれるのは、あのキョンが
いい目にあっちまう事だ。どちくしょう。
もし相手が長門有希でなければすんなりと事は運ばんだろうが、
あの性格からしてなんの抵抗もせず……いや、むしろキョンだと喜んで受け入れるだろうな。
……まあ、俺もそれがわかってるからそう教えてやったんだが。
後悔しても遅ぇが言わなきゃよかったぜ、あんな事。

 

〜〜〜
谷口「まったく、この俺としたことが教室にWAWAWA忘れもの〜をまたもしてしまうとは。
   キョンも国木田もせめて校門付近でこの一週間前に出された課題を話題に出せよな。
   あの朝だけでお腹一杯の坂道をまた登るはめになったじゃねぇか。
   しかし課題を忘れたら罰としてこの十倍の量をやらされる事を思えば、まだマシか。
???「そこの少年。少し良いだろうか?」
谷「あん? オッサン。この俺に何か用か?」
主流派「私の名は主流派。長門有希の父親をやっている」
谷「長門有希ってあの長門有希か。で、その父親がなんの用なんだ?」
主「事情から説明させてもらうが、私は当然の義務として有希ちゃんの写真を撮りまくっている。
  しかし、その写真には有希ちゃんの笑っている表情が一枚もなくてな」
谷「長門有希の笑ってる表情ねぇ。そいつは確かにレアもんだな」
主「そうなのだ。私としても色々試しているのだがどれも上手くいかないのだ」
谷「その色々ってのはどんな事をしてんだ?」
主「例えば、『パパ大好き』とプリントしてあるTシャツを送ったり、
  思念体印のレトルトカレーをプレゼントしたり、有希ちゃんのスリーサイズにぴったりな下着を
  ダンボール一杯を贈呈したりだな。いや〜、有希ちゃんのスリーサイズを知るのは一苦労だった。
  わざわざ身体測定の日に学校に侵入……ゲフン! とにかくあの手この手をやってみたんだが……」
谷「オッサン。それじゃ絶対に笑わねぇよ」
主「そんなわけで、ヒトである君たちは一体どういうときに笑うのかを知りたいのだ」
谷「は? オッサンも人間だろ?」
主「おっと、今のは忘れてくれ。
  高校生ぐらいの年代だとどういう時に笑うのか教えてくれないか?」
谷「そうだなあ。一般生徒ならともかく、この北高一のホストと呼ばれた俺も
  あの長門有希の笑顔を引き出すのは無理だな。……となるとあの手しかないだろうな」
主「その手を是非とも教えてくれないだろうか? この通りだ! 谷口君!」
谷「……しゃあねぇなあ。いいか。あの長門有希には好きな奴(キョン)がいるだろ」
主「ああいるな(この私だな)」
谷「その人物(キョン)が長門有希を優しく抱きしめてやったらきっと笑うだろうな。
  そいつ(キョン)しかわからんレベルの表情の変化だと思うが」  
主「大好きな人(もちろん私だろうな)からの抱擁か! 確かにそれならいけそうだ。
  早速、試してみることにしよう。ありがとう、谷口君。成功したときの暁には、君に一番に知らせよう」
谷「その人物(キョン)がいい目に合う報告なんていらねぇよ。上手くいくに決まってんだから」
主「よし! 有希ちゅあ〜〜ん。大好きな人(私以外にあえんな)からの抱擁を待っててねぇ〜」

 

〜〜〜
主「有希ちゃ〜ん。パパが来たよ〜」
長門「……何の用?」
主「今日は有希ちゃんの喜ぶ事をしにきたんだよ。……えいっ(ダキッ)」
長門「……」
主「……あれ? 有希ちゃんの笑ってない、……あ」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

________
|              |
|  /主 ̄ ヽ,  |
| /        ', |
| {0}  /¨`ヽ {0}, !
|.l   ヽ._.ノ   ', |
リ   `ー'′   ',|
|              |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  情報統合思念体
   主流派
  〜2008年 没

 

急進派「で、遺影が有希ちゃんから送られてきたのか」
穏健派「ええ」
急「なんでジュウシマツにマジックで『主』て書かれてるんだ?」
穏「なんでも手元にこんなものしかなかったとか」
急「……そうか」
穏「……哀れですね」

 

〜〜〜翌日
谷「よぉ、キョン。昨日は長門有希にあっつい抱擁をやってあげたか?」
キョン「何いってんだ、谷口。そんな事よりお前、課題は……ってハルヒ!?」
ハルヒ「その話、あたしにく・わ・し・く教えなさいっ!」
谷&キョン「アッー!!」

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:11 (3092d)