作品

概要

作者しめじ
作品名TOGETHER
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-12-24 (月) 02:12:11

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

 今日は、一年ぶりのクリスマスだ。
 ん? まあ当たり前だな。
 今日は予定通り、長門の家で鍋パーティなのだが、どうにも寂しい。

 あの日、髪の長いハルヒを捕まえ、脱出プログラムを起動した。
 が、突き返した入部届けを、泣きながら受け取った長門を見ていて、つい、別のキーを押してしまった。
_>N.YUKI you've terminated this program
 そして、こう続いた。
_>N.YUKI TOGETHER
 数秒後、OSが立ち上がり、メッセージは消えてしまった。
 それ以来、SOS団に名を連ねた面々の中で、いつでも会えるのは長門だけになってしまった。朝比奈さんや鶴屋さんには変態扱いされてるし、ハルヒや古泉はあれっきりさ。
 俺は呆然としつつも、その日のうちに入部届けを渡し、一応部員となった。
「まあ、よろしくな。俺なんかでよけりゃ」
「ありがとう……」
 と、小さく頭を下げた長門は、少しためらった後、顔を上げた。
「クリスマスの夜…」
「がどうした?」
「……くる?」
「何処に?」
「…………わたしの家」

 そうして、今日は鍋パーティだ。
 こっちではちゃんと存在する長門の級友数人と、谷口や国木田、それに同じアパートの朝倉さんが集まってくれた。
 さすがに、二人ってのも妙な者だと思ったので、声をかけたわけだ。まあ、殆ど朝倉さんがやったんだけど。
 目の前で、長門が眼鏡を真っ白にしながら、少しずつ鍋をつついてる。
 しかし……やはり、寂しい。
 ハルヒたちの連絡先を、聞いておくんだった。いや、ここに居ても飽きるだけか、古泉とデートかどっちかだな。

 そして、パーティは二時間もせずに終わり、俺と長門、それに朝倉さんだけが、後片付けのために残った。
「キョン君も手伝って」
「洗った皿を拭けば良いんだね」
 長門がテーブルを片付ける間に、洗い物だ。あの朝倉さんと、二人で隣り合うなんて、妙な気分だが。
「ねえ、キョン君。教室では、あの話、だめよ」
「え?」
「涼宮さんとかの、ね。あと、長門さんにも」
「な!?」
「しーっ」
 右手の指を鼻に当てた朝倉さんの右手には、包丁がにぎられてた。
「あ、これ? もう刺さないわ。あたしももう、普通の女の子だから」
「も、って。覚えてるのか?」
「うん。でも、人間の気持ちが分かったわ。ごめんね、あのときは」
「まあ、仕方ないさ。幸い、俺は生きてるしな」
「この気持ちがわかったら、思念体ももう少し進化したかも。だけど、もうなにも通じないわ」
「全てを覚えてるのは、俺たちだけ、か」
「多分、ね。こんどは、ちゃんと長門さんのこと、大切にするのよ……じゃないと」
「刺す?」
「さあね。さ、片付いた。それじゃあ、あたしは帰るわ」
「それなら、俺も」
「キョン君、わかってない。選んだのは、あなた」
 朝倉さんは、俺の腹を軽く指で刺すと、そのまま帰ってしまった。

 俺が、選んだ?
 たしかに……
 あのメッセージが頭の中でリピート。
  you've terminated this program
  TOGETHER
 一緒に居てくれと?
 そっちのお前とは、お別れなのに? いや、同じ者なのか?

「……お茶」
 キッチンで呆然としている俺に、鏡の長門が声をかけて来た。
「ありがとう。じゃあ炬燵で」
 コクリ、と小さく頷く。
 俺が座ると、ついて来た長門が、俺のすぐ横に寄り添うように座って来た。
 握って来た手が、少し震えている。
 あのときとは違う震え方。
 俺は、なんだかとてもあったかい気持ちになってる。
 そして、あの画面がもう一度、脳内で繰り返される。わずかにずれて。

  you've terminated this program TO GET HER

 分かったよ、長門。もちろん、大切にするさ。
 お前しか残ってないんだからな。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:05 (3084d)