作品

概要

作者しめじ
作品名懐かしい人
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-12-24 (月) 02:08:48

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「長門か、何もかも懐かしい」
 どこかで聞いた言葉だ……それは、どうでもいい。

 俺はバカだったせいか、妙に長生きしちまった。
 今や、SOS団の連中が見たら馬鹿笑いしそうな、ただのジジイだ。見ての通り、古泉の関係者が用意した病院で、管だらけになってる。
 
 そして……。
 あの頃と変わらない長門が見える、ということは、もうヤバイってことさ。
 変わらぬ無表情で、俺のことをじっと見てやがる。なんて地味な、でも嬉しい走馬灯だ。
「会えて良かった」
 あはは……声まで聞こえた。こんどこそヤバイな。
「あなたは、まだ生きている」
「一応、な。長門には、随分と世話になったよ。思念体とやらに、よろしくな」
 コクリ。と、うなずく長門。
「変わらないなあ」
 コクリ。と、もう一度。
「外見は、かわっていない」
「外見だけ?」
「今のわたしは、自由」
「そうか……あの頃に、その自由があれば良かったのにな。おまえには、随分と失礼なことをしちまったよ」
「わかっている」
 こうもストレートに「わかってる」なんて言われちまうと、なんつーか、照れる。
「……だから、あの頃に戻る」
「え? そんなことをしてしまっていいのか?」
「いい。一度くらいなら」
「そうか、頼むよ」
「わかった。自由になったことは、黙っていてほしい」
 長門は、静かにそう言って、俺の手を握って来た。
 そして、沈黙。ほのかな体温が伝わってくる……俺が冷えてるのかも。
「……凉宮ハルヒが居ないのは、確認した。もう、閉鎖空間は出来ない」
「あ、ああ……」
 先に逝っちまったからな。
「黙って、わたしの願望を受け入れてほしい」
「いいとも」
「目を瞑って」
 ……ちゅ。
 そんな……長門……今の、今まで待って……

 

 ……あれ?
 ここは病院のベッド。俺、相変わらず管付き。
 体を起こそうとしたら、以外にもあっさり起き上がれた。
 そして目の前に、長門。いつものセーラー服にカーディガン姿だ。
「明日、また来る。それまで、もう少し寝ていて……。あなたは、階段から落ちて、頭を打ったことになっている」
「……ありがとう。今度は……」
「いい。ずっと側に居られれば」

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:05 (2729d)