作品

概要

作者miha
作品名まとめサイト1周年記念SS
カテゴリーその他
保管日2007-07-11 (水) 20:16:37

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

主「おい急進派、俺のノートを見なかったか?」
急「知らねえよ。何のノートだ。どうせ、しょうもないモンだろうがな」
主「失礼な! 俺が有希ちゃんについてまとめた大事なノートだ。
  困ったなあ、あのノートには1年分の記録がつけてあるってのに」
急「大事なら失くさねえだろ常考。その辺に落ちてないかもう一度捜すんだな」

 

※ここから視点人物が変わります


 
 

団活を終え、俺はいつもの如く坂を下っていた。

 

相変わらず急な坂である。毎日上り下りしているのだから、下りる時に失うエネルギーを翌朝上る時に使えないものかと思ったりもするのだが…………そんなハイブリッドカー的な真似は人間ごときの俺には当然無理であって、ただただエネルギーを消耗するばかりだ。
もしかしたら、長門になら可能かも知れん。いやきっと可能だろう。時には世の物理法則を超越した動きすら見せる彼女には、単なるエネルギー保存則など何でもあるまい。

 

……そんな馬鹿げた事を考えながら歩いていた俺は、ふと目をやった先に落ちていたノートの表紙に、思わず仰天した。道端に無造作に置かれたそれには、たった今俺の思考に登場した、長門の名前が書かれていたからだ。

 

「有希ちゃんまとめノート」……?

 
 
 

何だこれは。

 

長門の落とし物か?

 

  いや、それはない。持ち物には綺麗な明朝体で「長門有希」と書くのが長門だ。
  そもそも、長門が物を落としたり忘れたりする筈が無い。

 

長門以外の「有希ちゃん」だろうか?

 

  確かに、可能性は無くは無い。しかしこのノートの表紙に書かれた文字は、
  自らを 「ちゃん」付けで呼ぶ女の子のものとは到底思えない、シンプル
  な字体をしている。 飾りつけも特になされていない。どちらかといえば、
  男性のノートに見える。

 

もしや、長門にファンが居て、そいつが……

 

  大いに有り得る。長門、ああ見えて人気そうだしな。しかしこんなノート
  をつける など、行き過ぎじゃあないか? ファンを通り越して、ストーカー
  の域に達している。

 
 

暫く考えた俺は、このノートについて、早急に長門に伝える事にした。
一番困るのは、ストーカー的な人物の存在である。長門は構わんと言うかも知れんが、俺は嫌だ。許さん。お断りだ。今すぐこのノートを開いて中身を確認してもいいが、拾ったノートを道端でまじまじと見るのは、気恥ずかしい。とりあえず鞄に入れて、長門の所まで持って行こう。

 
 
 

そこから長門のマンションまでは、十分と掛からなかった。到着するや、すぐさま入り口のインターフォンに部屋番号を入力する。呼び鈴が数度鳴り、

 

「………………」

 

無言の長門が応える。先に帰っていたらしい。

 

「俺だ。ちょっと用事があってな」

 

「………入って」

 

エレベータで7階まで昇り、708号室へ。部屋で待っていた長門は一見いつもの無表情であったが、俺には少々の驚きを内包しているようにも見えた。そりゃそうだろう、ついさっき思い立ったばかりなんだからな。

 

相変わらず何もない部屋で俺は簡単に事情を説明し、例のノートを鞄から取り出した。
……そういや、俺もまだ中身を読んでいないんだった。長門も、表紙に自分の名が書かれたこのノートに割と興味があるらしく、顔を寄せてしげしげと眺めている。これが古泉だったら例のセリフを言う所だろうな。「古泉、顔が近い」と。

 

恐る恐るノートを開き、パラパラめくってみる。

 

中身は……

 

長門に関する様々の事で埋め尽くされていた。用語集あり、長門をかたどった顔文字(?)あり、ちょっとした小説のようなお話あり……長門について、かなり詳しく書かれている。

 
 

  どう見てもストーカーです。本当にありがとうございました。

 
 

おいおい、誰だ、こんなモノを書いたヤツは。これは由々しき事態でありぞっとしない。
今すぐにでも犯人を引っ張り出して来て、もそもそと苦言を呈してやる。なあ、長門……

 
 
 

あれ?

 

長門はいつもの無表情で――俺の見間違いではない。絶対にだ――そのノートを閉じると、そのままこちらを見た。長門、このノートの事、知ってたのか?

 

「このノートの存在は、今初めて認識した。
 ただ、このノートの書き手なら、知っている」

 

な、何だってー!
知っていたのか。驚いたぜ。それで誰だ、長門。こんなモノを書いたのは。
やっぱストーカーか。困っていたなら何時でも頼ってくれれば良かったんだぞ。

 

「情報統合思念体主流派」

 

情報なんちゃら……主流派……って、お前の親玉じゃあねえか。とりあえず変なヤツの仕業ではないようだから安心したが、何でまた……?

 

「わたしには理解不能。わたしについて考えることで喜びを得ていると推測される」

 

なるほど、その情報何トカ主流派にも、親心ってものがあるのかも知れんな。どうみても親バカだが……それで、おまえは構わないのか?

 

「……構わない」

 

そうか、本人がそう言うなら、親子の関係に俺が介入する必要はないな。
長門、このノートはどうする? ここに置いておいたら主流派が取りに来るか? それとも俺が元あった場所に返して来ようか?

 

「……わたしが元の場所に返して来る」

 

いや、長門、あの場所へは坂道を登らにゃいかんし、疲れるだろう。俺が行って来るぞ。

 

「……いい。帰りの下り坂でエネルギーを回復する」

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:03:51 (3093d)