作品

概要

作者駄文soccer
作品名勿忘草の想い
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-05-09 (水) 21:00:19

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

あの事件から一年。
私の中のエラーが原因で引き起こされてしまった事件……
解決後彼は言ってくれた。
「お前が居なくなったら何としてでも取り戻しにいく」
私はとても嬉しかった……
迷惑をかけてしまった私を。
彼は必要としてくれた。
あれからの一年様々な事があった。
私が居なくなることは無く比較的穏やかに過ぎた日々。
これからもそんな日々が続いていく……
そう思っていた。
あの指令が来るまでは……

 

今日も私は部室に一番で入る。
最早これは当たり前と化した光景。
私は彼を待っていた。
告げなくてはいけない事がある……
暫く時が流れ、響くノックの音。
無言で答える私。
これも日常。
入ってきた彼に視線を移す。
「長門だけか……」
私は指定席から立ち上がると彼に手渡した。
「……貸す」
少し驚いている彼。
「……忘れないで」
そう告げて私は元の場所に戻った。
これでいい。
これでいいの……
そう言い聞かせて。

 
 

その日は特に変った事も無く活動が終わった。
しいて言うなら長門から本を借りた事ぐらいか。
どこか様子がおかしかった気がするが。
特にする事も無かった夜。
俺は本を少しずつ読み始めた。
……。
ある程度読み進めたとき本から栞が落ちた。
俺はそれを拾うと気付いた。
「勿忘草か」
その栞には勿忘草が印されていた。
イメージ的に長門にはぴったりな花だ。
あいつもこうゆうのに興味があったんだな。
そんな事を思うと俺は今日の読書を終え眠りに付いた……。

 
 

その夜私は最後となる任務を遂行しようとしていた。
内容は彼の記憶からの私の消去。
指令を受け取った時は何故?という想いが過ぎった。
回避はできないのか?拒否はできないのか?
私の想いは思念体には届かなかった・・・。
私に出来た事は彼にせめて忘れないで欲しいという想いを告げるだけ。
……。
楽しかった思い出が胸を過ぎる。
私はこみ上げる想いを押し込め……最後の情報操作をした……

 

あくる日通学路で彼を見つける。
胸が痛い……
この想いは何なんだろう……
「おはよう。キョン」
後ろから彼を呼ぶ声。
彼が振り向きこちらを見る。
彼は私には気付かず……
「国木田か。珍しいな」
彼は友人と合流しまた通学路を進む。
私は……

 
 

日の暮れた放課後、私は部室へと向かう。
恐らくもう誰も居ないであろうその部屋へと。
部室の前に来た時ドアから明かりが漏れている事に気付く。
私は一瞬彼が居る光景を思い浮かべ勢い良くドアを開けた。
・・・・・・。
分っていた。彼が居るはずは無いと。さっきのはノイズ……
部室に居たのは 喜緑江美里だった。
「もしかして彼かと思いました?」
「スキャンすれば誰が居るかは分る。貴方に用は無い」
そう告げ指定席へと向かおうとした時……
腕をつかまれ抱きしめられた。
「ここなら人目は無いし好きにすればいいのよ」
その言葉で私は堪えていたものを抑えきれなくなった。
彼への想い。本当に告げたかった私の想い。
私は泣いていた。
こんなに心が痛いなんて……
こんなに彼のことが……
好きだったなんて……

 
 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:03:42 (2729d)