作品

概要

作者達磨
作品名添い寝(通常版)
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-04-04 (水) 01:25:36

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

金曜日。
日が沈んでから何時間も経過し、
辺りはすっかり暗くなった。
いわゆる「良い子は寝る時間」と定義される時間に近づく。
そんな時間に俺の携帯が震えている。
高校生にとってはまだこの時間は活動しているのが普通だ。
メールしてきた側もそういう意識があるのが分かる。
当たり前のことを思いつつ携帯を開き、
新着メールを確認する。

 

送り主は長門だった。
「悩みがある。至急こちらに来て欲しい。」

 

長門でも悩みがあるのか・・・
というか、この時間にメールしてくるとは、
なかなか解決し難い悩みなのだろう。
少し急ごう、そう思いつつ自転車で長門の家に向かう。
春を迎えても、頬に当たる夜風はまだ冷たかった。

 

長門のマンションに着き、部屋に入れてもらう。
エアコンが効いているのか、少し暖かかった。
広い部屋にはコタツがぽつんと置かれ、
窓側のコタツの脇には布団が敷かれている。

 

「で、長門。何だ?悩みってのは?」
長門を向かいにしてコタツに入り、すぐさま言う。
なるべく早めに帰らないと親が心配するからな。
前置きなんて気にするものか。
「この悩みの解決にはあなたが不可欠」
ふむ、そうなのか。
それは光栄だ。人から必要とされるのは悪いことではないしな。
して、その悩みとは何だ?
「ここ最近、春先だというのに寒い日が続いている。
 そのせいで布団で寝るときに寒くて困ってしまう。
 だから――」
そこで言葉を途切れさせて、長門はコタツ脇の布団に向かう。
そして上から見たとき両足がWの形になるように座り、
両手を両膝の間に置く。
いわゆる女の子座りというやつだ。
そう思ったら長門は右手を上げて、
ちょいちょいと俺に合図を送っている。
光を通さない深海のような目でこちらをじっと見つめる。

 

「一緒に寝ろと?」
そう問いかけると長門は縦に頷いた。
再び両手を布団に置き、こちらの心を見透かすような目で
見つめてくる。
気のせいか少し前のめりになっている。

 

・・・・・少し考え込む。
そして結論を出したと同時に、家に電話をする。
今日は友達の部屋に泊まる、と。

 

「分かったよ、長門。
 今日は一緒に寝るか。
 寒くて困るのならしょうがないな」
そう言うと長門はまた縦に少し首を振る。
そして先に布団に入った。
俺も続いて布団に入る。
だが一応長門のほうは向かないことにする。
鈍感な俺でも――少しは意識してしまう。
少し心拍数が上がったなと感じたその時に、
いきなり後ろから抱きつかれる感触。
俺の肩くらいの位置に長門の頭が触れている。
そうか、そもそも長門が寒いと言うから
俺が布団に入っているのであって、これは自然な流れか。
「おやすみ長門・・・」
そう言い残し、俺は眠りに落ちた。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:03:29 (3093d)