作品

概要

作者G.F
作品名長門さんとメロンパン
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-03-27 (火) 17:03:47

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる登場
古泉一樹登場
鶴屋さん登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

長門のマンションへ向かう途中…新規オープンしたらしいベーカリーで、俺はメロンパンを買った。
その店は「メロンパン専門店」らしい。
今日は長門だけではなく…ハルヒも長門のマンションで待っているとのこと。
三人で一種類づつ食べるつもりで…プレーン、つまり普通のメロンパンを3個、カスタードクリーム入りを3個、チョコレートフレーバーが付いたものを3個…と数えてみたが…よく考えてみたらメロンパン自体大き目のパンなので俺はそんなに食えないかもしれないが…まああの二人なら…難なく片付けてくれるだろうな。
…というわけでプレーンをもう一個追加して合計10個買うことにした。
ありがたいことに…消費税込みでの100円均一。つまり合計1000円。
二人の喜ぶ顔が目に見えるようだ…。

 

長門がメロンパンを手で持ってじっと見つめている。
「どうしたの?有希…食べないの?」
ハルヒが「チョコレート」を食べながら聞く。
そうしたら長門が…俺の手に取ったものが欲しそうな顔をしているから…あげた。
そうしたら…長門が目を輝かせて…当然、食べるものと思いきや、服の中に二つのメロンパンを入れているではないか。
…もしや…これって…そういえばメロンパンの形が形(半球形)だし…その先の展開は俺には解った。
「…お前…まさかそれで『おっぱい』とか言うんじゃないだろうな?」
「…ばれた?」
長門は舌をぺろっと出した。
「ばれたもクソもないだろ?いかにもお前のやりそうなことだから…な」
…長門…そういう使い古しのギャグはやめてくれ。
「…有希…それ、最高」
ハルヒには受けたらしく…げらげら笑っている様子。
ハルヒに受けたくらいだから…鶴屋さんだとかなり受けるだろうな…まああの人なら箸が転がっただけで大爆笑しそうだから。
「あたし、ちょうどデジカメ持って来てるから…写真撮らせて」
ハルヒはメロンパンで「豊胸」した長門の写真を撮りたいようだ。
「明日、エイプリルフールだから…ちょうどいいじゃない」
…というわけで…俺と長門とハルヒの「共同エイプリルフールネタ」はこれにすることに決定した。

 
 

P.S その1

 

写真の撮影終了後…長門の胸で人肌くらいに暖まった二つのメロンパンは俺が食うことになった。
…というか、ハルヒに強引に食わされたのだが…まあ、長門の胸に触れていたものだから…いいかな。
…で…俺が食い終わった後…長門が「…私のおっぱいの味はどう?」と聞いてきたのは…いうまでもない。

 
 

P.S その2

 

さて…翌日、つまりエイプリルフールの当日。
俺とハルヒと長門は「(メロンパンによる)豊胸長門」の写真をみんなに見せて回った。
「いったい誰なんですか?このショートカットの小柄な巨乳の美人は…今度、僕にも是非紹介してください」
古泉が…ニヤケ面をますますニヤケさせている。
悪いが「紹介」はしなくてもいいだろう。
当の本人が目の前にいるとも知らずに…。
「見た感じ…長門さんに似ていらっしゃるようですけど…」
朝比奈さんが長門と「豊胸長門」を見比べている。
似ているじゃなくて…当の本人ですよ、朝比奈さん。
「え?こんな子、うちの学校にいたのか。俺のデータベースもまだまだだな…」
「クラス替えでうちのクラスに来ないかな…この子」
谷口…国木田…だからそれは長門だって…。
「誰?この子…有希には姉妹はいないはずだし…従姉妹がいるという話も聞いた事がないし…」
日頃から長門に接する機会が多い喜緑さんでさえも…その写真に写っているのが長門だということがわからなかったらしい。
「アハハハハ…確かに見ようによっては本物の胸に見えるにょろ〜」
見破ったのはただ一人…そう、独自の喋り方で解るだろうが…鶴屋さんだった。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:03:25 (3093d)