作品

概要

作者G.F
作品名飛んで火に入る…
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-03-12 (月) 19:44:25

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「何よ…今の夢は…」
あたしは今日もまた…「悪夢」に…飛び起きた。

 

ここの所…あたしは…毎日立て続けに「悪夢」だとしか言いようがない夢を見てしまう。
キョンが…「お医者さんごっこ」と称して…有希の服を脱がせて…パンツ一枚の姿にして…身体に触り放題…という夢。
有希も明らかに…気持ちよさそうな表情を浮かべている。
何で…何で…何で…相手…患者役…は…有希であって、あたしじゃないのよ!
あたしの夢だというのに…なんで有希なのよ!
あたしも…キョンと…「お医者さんごっこ」程度なら…したいのに…。

 

なーんだ…よく考えたら対策は簡単じゃない。
あたしの夢なんだから…。
あたしが割り込めば済むんだから…。

 

よーし…決めた!今夜こそ割り込んじゃえ!

 

さーて…キョンと有希は…。
うふふ…いた…いた…。
いつまでも見つからないと思ったら大間違いなんだから。
「あーら…キョン、有希…二人ともなんだか楽しそうじゃない」
二人はばつが悪そうだ。
…というわけで…あたしはキョンに「診察」してもらった。
「これは…手術が必要だな」
え…手術?
「…おk」
…ってなんでOKしてるのよ?有希…そう聞こうと思った矢先、有希は…湿っぽいハンカチであたしの口を押さえつけた。
強烈な匂いが…あたしを襲う…。

 

…まぶしい光で気が付くと…あたしは…全裸にされて…手と足をベッドの上に十字架状に固定されていた。
傍らに…いつの間にか…手術用の服を着てマスクをした…外科医スタイルの有希がいる。
…って…ここは…本当の手術室?
「…暴れられると困るから…手足をベルトで固定した」
有希は…そういうと不気味な笑顔を浮かべた。
「…怖がらなくていい…『手術』はすぐに済むから」
え…手術…?
あたしがそう聞くか…聞かないかのうちに…有希は…パットの上からメスを取り上げた。
あたしは慌てた。
手足を固定されているから…逃げようにも逃げられない。
「ちょ…ちょっと有希…麻酔は…麻酔はどうしたの?」
…って、あたし…いったい何を言ってるんだろう?
「…この『手術』には…麻酔は一切必要ない」
そういうと…有希は…あたしの胸に…メスを…

 
 

「…飛んで火に入る夏の虫」
私は…もはや「外観」と「脳髄」以外の身体の随所随所が原形をとどめていない「彼女」を前に、そう呟いた。

 

「彼女」は今、自分の部屋のベッドでまぶたを閉じている。
もうまもなく…まぶたが開く予定になっている。
「彼女」は…外見上は確かに原型…つまり「涼宮ハルヒ」のまま。
全裸の…美しいその身体には…傷一つ付いていない。
辻褄が合うように…つまり「彼女」が寝ぼけてパジャマとパンツを脱いでしまったように思わせるために…パジャマとパンツをベッドの下に落としておくのを忘れなかった。

 

「彼女」の身体の構造は…「私」の身体の構造とまったく同じ構造になった。
つまり…「彼女」は…「この銀河を統括する情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース(それが私)」によって作られた「擬似・対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」…古泉君の所属する「機関」の用語を借りれば「TFEI」に対する「擬似・TFEI」になってしまった…ってわけ。
ただし…思念体に対する「アップロード機能」や「ダウンロード機能」などは取り付けていない。
取り付けたら何をしでかすか解らないから…ね。
まあ取り付けたところで使い道は解らないに決まっているし。
その上…「彼女」である以上は当たり前だが…胸の大きさなんかも違う。
記憶はいじっていない。
だから「彼女」は…「夢」の中で…自分の身体にメスが突き立てられたところまでは覚えているかもしれないが…そのあと恐怖で失神してしまったので…まさか「身体を改造された」あるいは「身体を改造される夢を見た」などとは夢にも思っていないに違いない。
あるいは…「私に解剖される夢」を見た…と思っているかもしれない。
もし「失神」のタイミングが「彼女」の「ノンレム睡眠」のタイミングと合っていれば…夢の内容を覚えていないかもしれないが…それならそれでこっちには却って好都合だ。
「お休み…ハルヒ…」
私は「彼女」のおでこにキスして立ち去った。

 
 

P.S
あのあと…あたしは「夢らしい夢」は見なかった。
ただ…朝起きたら…全裸になっていた。
うふ…多分…あたしの夢の中では…キョンは有希の時とは違って…「お医者さんごっこ」以上のことをしてくれたんだわ。
そりゃ当たり前よね…あたしの夢だもん…と思って起き上がって…ふと気が付いた。

 

「…おはよう…ハルヒ」

 

有希はどこにもいないのに…耳の中に有希の声が響く…
…あたし…いったい…どうなってるの?

 

※続きは SS集/600 です

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:03:20 (3093d)