作品

概要

作者十六夜
作品名長門有希の… 4 補足
カテゴリーその他
保管日2007-03-07 (水) 23:02:45

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

ここに「長門有希の… 4」の補足をちょっとだけ書いておきます。
別に読まなくても特に支障はありません。
ネタバレも含むトコがありますので、まだ本編を読んでない方は注意してください。









↓ネタバレ注












さて「長門有希の… 4」は原作「消失」からちょうど一年後という設定です。
前編のキョンが長門を忘れてしまった日が12/18(木)。
 *実は「… 4」を書き始めたのも12/18だったりします。
で、中編の次の日がもちろん12/19(金)。
後編の買い物行ったり、長門を思い出す日が12/20(土)です。

 
 

今回、キョンのみが長門に対する記憶をぼんやりとわずかに覚えているコトになっています。
ハルヒも古泉もみくるも長門がいないコトに全くの違和感を感じていません。
というのも、長門の記憶操作は「長門有希に関する記憶」を真っ白に消したわけではなく、
何かで記憶を覆い隠した、と思ってください。
キョンにも皆と同じようにしたのですが、長門との記憶が他の人と比べて格段に多く、
わずかに覆いきれなかった記憶が隙間からポロポロと断片的にこぼれ、
それが言葉や行動、感情として出てきた、というコトです。
本当は作中で長門の口から……という形で説明しようと思っていたのですが、
私の力量不足のためどうしてもコレに持っていくコトができませんでしたorz

 
 

作中の12/20、電車に乗って買い物に行きましたが、その場所は大阪 梅田となっています。
わかる人はわかると思いますが、百貨店は阪急・阪神、電化製品を扱う店がヨドバシ、
帰り際にキョンが本を下見に行った店は紀伊国屋です。

 
 

とまあ、補足はこんなところでしょうか。
最後にここまで読んで下さった方へ

 

長い作品でしたが、最後までお付き合い頂き本当にありがとうがざいました。
読んで下さった方の住所がわかるなら、年賀状や暑中見舞いを出したいぐらいです。
すでに忘れられた名となっていますが、
「主流派万歳」とともにこれからもよろしくお願いいたします。

 
 

*4/13追記
「長門有希の…」は完結しましたが、新しいシリーズを執筆中です。「… 4」とは違い、またーりとしたお話です。
まだまだ時間がかかりますが、完成したらスレに報告と共にここに投稿します。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:03:18 (3092d)