作品

概要

作者ばんぺい
作品名長門さんとアナログ情報
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-03-03 (土) 12:00:55

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「長門、それは……iPodか? 長門が音楽とはめずらしいな、何聴いてるんだ?」
「クラシック」
「おや長門さん。貴方がそういうアナログな事に興味を持つとは、ちょっと意外ですね」
「……」
「俺もどちらかと言うと、長門はパソコンとかデジタルなものの方が好きだと思ったが」
「あなたは勘違いをしている。地球人類が扱う原始的な情報処理機械はデジタル処理を行うが
 本来情報とはデジタルなものではない。わたし達情報存在も同様」
「そうなんですか? 随分とパソコンにご執心の様でしたし、僕はてっきり」
「…………」
「長門とパソコンを同じにするつもりは毛頭無いが、何か通じるものがあるのかと思ったよ」
「デジタルだから興味を持つという事はない。でも、このインターフェースを通じて有機的に
 得る情報は全てアナログ情報。デジタルとアナログを接続する作業に、ある種の嗜好性を見
 出している事は否定しない」
「本もお好きですよね。何か理由が?」
「……………………」
「本は生まれた時から好きだったのか?」
「わたしは本来そのように設計されたわけではない。このインターフェースに人類型の有機情
 報処理中枢を設けた事で、より安定した情報構造に自己変化する過程が発生した。その結果
 生まれた、人類に当てはめるなら『個性』」
「他のインターフェースもそれぞれ個性をもっているんでしょうか」
「…………………………」
「朝倉にも何か趣味が有ったのか?」
「彼女は人類の作り出す刀剣類に興味を持っていた。わたしには理解できないが、わたしの読
 書も彼女には理解されなかった」
「あの、長門さん」
「………………………………」
「なあ長門」
「なに」
「古泉の事、嫌いなのか?」
「……別に」
「(やれやれ、これで気付かないのですから、彼の鈍感も筋金入りですね)」

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:03:15 (2711d)