作品

概要

作者輪舞の人
作品名機械知性体たちの輪舞曲 第13話         『君去りし夜に』
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-01-25 (木) 21:19:56

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里登場
周防九曜不登場
思念体登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 
 

 今にして思うと、彼女の当初からの目的は何だったのだろう、と振り返ることがある。
 わたしに対する「支援行動」は、任務と無関係なものがそのほとんどを占めていた。
 わたしは、生成されてからすぐに待機モードに入ることもできた。
 ただ、あの七〇八号室で、ひとり静かに座っていても良かったのだ。
 朝倉涼子と接触する事もなく。

 

 だが彼女はやって来た。わたしの元へ。
 そして、わずか五ヶ月ばかりの、彼女との奇妙な共同生活が始まった。

 

 結局、わたしに対する機能破壊行為。それだけの為だったのかもしれない。
 その為のもの。本当にそうだろうか。それだけの。
 でも、今はもういい。それについては、何も考えたくない。
 あれから三年以上が過ぎている。

 

 ――もう、終わってしまう。

 

 時間が来た。
 彼女の中に浸透した、攻性情報因子の結合と組み上げ準備が完了している。
 流れ出す血液に、わたしの足元はまるで小さな水溜りのよう。生暖かい感触。
 彼もそんなわたしの姿を見て驚いている。いや、恐怖なのかも。
 ……自分の無残な姿を想像して、彼の感じる何かが、本当にわかりかけている気がする。
 わたしは目を伏せると、ゆっくりと右手を、彼女の変成した手へと重ねる。
 かつての温かみなどまるでない、冷たく光った、わたしを貫く巨大な楔。
「終わった」
「何の事?」
 朝倉涼子の声。
「あなたの三年余りの人生が?」
「違う」

 

 ――あなたとの三年余りの記憶が。

 

「情報連結解除、開始」
 朝倉涼子の中に個別に浸透していた攻性情報因子。それぞれひとつひとつでは、何の意味も持たないごく微細な情報因子たちが、いっせいに組みあがり、解除プログラムを形成。
 一気に彼女の有機情報の連結解除を実行に移す。
「そんな……」
 彼女の体が崩壊を始める。すでにわたしを貫く禍々しいモノたちが分解を始めている。
 彼女の手も。
 有機構造体が崩壊し、次々と白い結晶のような情報粒子が周囲を舞う。
 わたしが生まれた日もこんな光景に包まれていた。
 とても、きれい。
 だけど、これはわたしが望んだものではなかった。

 

 ―――?

 

 奇妙な感触。有機情報は確かに分解を始めているのだが……何か、進行速度が速いような気がする。
 いや、実際に崩壊速度は予測よりもほんのわずかだが、速い。
 何だろうか。まるで自壊しているような……
 端末個体の有機情報連結解除など、わたしには初めての経験。いや二度目ではあるが、記憶が定かではない。今は同期している規定事項が揺らいでいる。
 だが、崩壊そのものは留まることなく進行している。
 しかも時空間振動まで検知。妙だ。何が起こっているのだろう。

 

 ただ、今の状態ではそこまで思考する余裕は、わたしには残っていなかった。
 機能の問題ではない。ただ、考えたくなかった。
 さらに彼女の存在が、この閉鎖された情報制御空間から霧散していくのを感じる。
 朝倉涼子が何かを話している。
 でも今のわたしには、それを聞き取ることはひどく困難だった。
 聴覚素子に不具合が生じているのではない。
 ただ、聞きたくなかった。もう、すぐに消えてしまうのに。
 振り返ることも、したくなかった。
 彼女が消えてしまう、その瞬間を見たくなかった。
 でも、最後だけ聞こえた。彼女のあの言葉。

 

「――じゃあね」

 

 ――当該対象の反応完全消失を確認。

 

 現空間に、朝倉涼子はその存在を完全に失った。
 わたしは足から急速に力が抜けていくのを感じる。膝から崩れ落ち、倒れる。
「おい! 長門、しっかりしろ、今救急車を」
 彼の声が聞こえる。とても遠くに。
 少しだけこのままでいたかったけど、そうもいかない。
 わたしは情報操作を開始する。
 まったく無表情のままで。
 ほかの表情をしたくても、できないのだから。

 

 復元された教室で、眼鏡の再構成を忘れていることに気づく。
 彼は、それがない方がいい、と言う。
 彼女は、それはあった方がいい、と言っていた。
 それなら答えはすでに出ている。
 彼女がいないのなら、もうあの計画も終わりだと思うから。

 
 

 帰り道、現在の状況をどう考えていいか、混乱している彼と校門を一緒にくぐる。
 無言のまま、赤い夕暮れの中をふたりで歩く。わたしの流した血のような色。
 それに対する、純白の結晶の記憶。まだ整理できていない。
「本当にだいじょうぶなのか、おまえ」
「へいき」
 坂を下りながら、再度の配慮の言葉。
 わたしの服はすでに修復を完了している。外見的にはなんの問題もない。
「あれな……あの朝倉は、本当におまえの同類で、その宇宙……」
「人間に対する情報収集用インターフェイス。アンドロイドといった方があなたにはいいかも」
 同類。仲間。それとも、ともだちだった?
「あなたには、すまないことをしたと思う」
「助けてくれたのは、おまえだ」
「……信じてくれる?」
 ひっそりとつぶやく。
 彼の顔には当惑。まだ今の自分の状況を、受け入れることができないままなのだろうか。
 時間が経てば、理解は深まっていくはず。
 そうでなければ何の為にあんな事をしたのか。意味が消失してしまう。

 

 わたしはふと足を止める。少しだけ遅れて止まった彼が振り返る。
「……どうした? 本当はまだ具合が……」
 彼の顔を見て、言った。
「あなたに、教えてもらいたい」
「……何を?」
「人は、人が消えることをどう感じるのか」
 彼はそれどころではなかったろう。
 でも、わたしはどうしても、今訊いておきたかった。
「……そりゃあ、辛いし、悲しいだろうよ」
「悲しい、と。どうなるの」
 彼は少しだけ悩んだようす。口に手をやって視線を逸らす。
 夕暮れの風が、少しだけふたりの間に流れる。
 何か、わたしにもわかる言葉を探してくれているのかも。
「……泣くんだな。たぶん」
「泣く」
「そうだ。人はな、消える……じゃなくて、死んじまった人のことを考えると、悲しいなって思って、涙を流す。それだけで辛い自分が、少しだけ楽になる」
「なぜ、辛いの」
「そりゃ決まってる」
 真剣なまなざし。
「もう逢えないからさ」

 
 

 駅前の高級分譲マンション。
 わたしの居住区画。彼女の居住区画。
 到着した頃には、もう空は暗くなっている。夕暮れの赤い色はどこにも残されていなかった。彼と別れた後、わたしはいつものように部屋へ戻ろうとする。
 するとマンションのオートロックドアの外には、ひとりの女性がわたしを待っていた。
 規定事項の再現は完全に復帰していた。わたしはそこにいることを、すでに知っている。

 

「お帰りなさい」
 喜緑江美里は、最初に会った時とまったく変わらぬ雰囲気でわたしに対面する。
「お疲れさまでした」
「話がある」
 わたしはそのまま確認することもなく、背中を向けて公園に向かって歩き出す。
 その後を彼女がついて来るのもわかっていた。

 
 

 公園のベンチの前でわたしたちは対峙している。
 入学式の日、学校の廊下で朝倉涼子とそうしたように。ただし緊張感はあまりなかった。
 すでに空は星が瞬く時間帯。夜になっている。周囲は誰もいない。とても静か。
 わたしから話を始める。
「穏健派の動静を知りたい」
「申し訳ありませんが」
 喜緑江美里はごくわずかにお辞儀をする。空気が軽く動く、という感覚。
「お話できません」
「わかった。では、朝倉涼子について」
「お話できることであれば」
「三年前の七月七日。あなたと朝倉涼子は反応消失していた。その理由を知りたい」
「残念ながら」
 再びお辞儀。朝倉涼子のような、豊かな情感をまったく感じない。
 その動作を見て、むしろわたしに近いのかも、とも思う。
「「今は」お話できません」
「では急進派は、今回の件をどう見ているのか。独走なのか。それとも計画的なのか」
「主流派からの通達は」
「ない」
「では、やはりお話できません」
 すべてわかっている。これだけで終わり。
 彼女は独立任務に就いている。
 わたしたち――いやすでに、わたし、しかいない。わたしとは完全に系統が違う。
 理由は明かされていない。聞くつもりもなかった。

 

「わたしからのお話、聞いていただけますか」
 首肯する。
「本日、セカンダリ・デバイスの存在消滅のその時点を持って、一時的措置ではありますが、その配置にわたしがつきます。限定的ですが」
「了解した」
「これまでのように、涼宮ハルヒや”彼”に対しての直接接触を担うことはできませんが、あなたの指示通りに、可能な限り従うよう、そう言われています」
 監視役という事か。いや、これまでもそうだったのかもしれない。
 あの事態に「ご健闘を」などというからには、相当正確に事態を把握していたに違いないのだから。 だが、わたしからは何も言わなかった。
 この時、統合思念体という存在そのものについて、非常に、それは不快といっていい感覚を抱いている自分を初めて認識した。
 今日の事すら、推測していて当然である情報統合思念体は、わたしに対して何もしてこなかった。この考えは危険なものかもしれない。だが、その思考を止めようとも思わなかった。

 

『地球に派遣される全ての端末群へ。通達あり。リンク確立を要求する』

 

 そんな時に統合思念体からの通達連絡。わたしはこの時、初めて禁則とされる行為を行う。
 全系統思考リンクに対するインタラプト。つまり盗聴。
 なぜかはわからない。わたし以外に伝える端末に対する、情報格差を認識したかったのかもしれない。ただ反抗したくなったのかも。とても危険な考え。

 

『本日、コードS-02B、「朝倉涼子」の破棄が決定。すでに存在は抹消済。各端末が保有する当該個体の全てのデータ破棄を実行せよ』

 

 各端末群から一斉に宇宙へと返信される思考波。
 彼女の消滅を悼むようなことは当然、ない。わたしにもできないのに。
 悼む。この概念は理解するには時間がかかりそうだった。

 

『了解』
『了解』
『了解』
 ………

 

 次々と返信が続く。
 わたしの知らない端末群。
 どこにいるのか、何の目的で配置されているのか、まったく知らない。
 人間が知性を獲得して以来、配置され、観測を続けている。
 どれだけの数がいるのだろう。わたしのそばにも、まだいるはずだと思う。
 そのすべてが、朝倉涼子の記憶を消していってしまう。
 皆が、仲間のはずの全ての端末たちが忘れてしまう。彼女のことを。

 

『S-01B。データ破棄を要求』
 わたしへの直接通達が来る。わたしは押し黙る。
『繰り返す。データ破棄を要求』
『拒否する』
 一瞬の沈黙。
『了解した。S-01Bはデータ破棄を拒否』
 それだけだった。命令違反を咎めるような、そのようなことは一切ない。
 この後に続くコードはわかっている。わたしの前にいる情報端末。彼女。
『S-03B。データ破棄を要求』
『拒否します』
 喜緑江美里。彼女が拒否することは知っている。
 だが、その理由は不明。命令に明確に反抗するのは自分だけと思っていたから。
『了解した。S-03Bはデータ破棄を拒否』
 まったく同じ反応。これで地球に残された端末群で、朝倉涼子のことを「覚えている」のはわたしと彼女のふたりだけ。
 こんなにも、あっさり忘れ去られてしまうのだろうか。

 

「……なぜ命令に背くの」
「あなたと同じ理由かと」
 喜緑江美里は微笑んでいた。とても薄い、静かな微笑み。朝倉涼子とは違う。
「つまり、わかりません」
「そう」
「あえて人間のように表現してみるなら……」
 彼女は人指し指を唇に軽く添えて、言う。
「彼女のことを、仲間のはずの我々が誰も覚えていない、というのは可哀想、だから」
 可哀想。哀れ。彼女がそう表現されることを望むとは思えなかったが。
「では、今日はこれで」
 彼女は一礼すると、わたしに背を向けて去ってゆく。
 わたしもマンションに向かう。今日のことは終わった。
 でも二日後。もう一度危機が訪れる。その時には、彼女に協力してもらうことになる。
 何しろ、これは規定事項なのだから。

 
 

 わたしは薄暗い部屋に戻ってから、そういえば夕食をとっていないと気がついた。
 食べなくてもいい。別に。でも、何かしていたかった。
 作ってみよう。何か。
 わたしは思いつく。
 冷蔵庫を開けてみる。何もない。
 仕方ないので、五〇五号室に行ってみることにする。
 主のいなくなった部屋。明日にはわたしが処理しないといけない。
 彼女の行く先はカナダ、らしい。どこでも良かったけど。

 

 五〇五号室は綺麗に整頓されている。いつ戻ってきてもおかしくない。そんな雰囲気。
 彼女が朝、この部屋をどういうつもりで出たのか、考えてしまいそうになる。
 無意味だと思い直しキッチンに向かう。冷蔵庫の中には、ゆうに一週間は持ちそうなほどの食材が入っている。
 帰るつもりだったのだろう。当然の話。わたしさえいなければ。

 

 冷蔵庫の食材を適当に手にとってみる。じゃがいも、ニンジン、玉ねぎ、ピーマン。豆腐やがんもどき、卵に牛乳。他いろいろ。冷凍された肉もある。彼女はこまめに整理していた。冷凍した肉のラップには、日付まで書き込んである。
 これが本当に宇宙から来たアンドロイドのする事か。わたしはあの顔を思い出し、お説教の声を思い出し、そして肉を適当に取り出す。
 牛肉にしてみよう。

 

 いろいろ探すうちに、レンジの手前にカレールーが置いてあるのを発見。
 簡単な調理だと彼女は言っていた。いろいろ教わった中にそれは確かにあった。
 カレーライス。作ってみよう。自分で。
 鍋を引っ張り出し、火をかける。油が必要。いや違う。
 その前に材料を準備しなければ。
 そもそもお米が。炊かなくては。磨ぐのは下手だが致命的ではない。おそらく。

 

 電子ジャーに磨いだお米をセット。電源を入れる。こんなものなら情報操作でいくらでも簡単にできるものだが、今日は、彼女が言っていたように、自分の手だけで完成させてみたかった。

 

 じゃがいも、玉ねぎ、ニンジンの皮むき。
 包丁の扱いは下手のまま。彼女はとても上手だった。魚だってさばけてしまうのだから。
 じゃがいもは表面がでこぼこしていて苦手。やってるうちに、当然のように失敗。
 左手の親指を少し切ってしまう。

 

 にじむ血。今日の記憶。
 また失敗してしまった。また。

 

(だいじょうぶ? すぐに手当てしないとね)

 

 朝倉涼子の声。もっと力の加減を考えろ、と彼女は言った。
 玉ねぎを炒め始める。火力がうまく調整できない。焦がしそう。

 

(だいじょうぶよ、少しくらいなら。きつね色になったらすぐに火を止めて)

 

 彼女はとても上手。透明になるくらいに、綺麗に火を通す。
 次は牛肉。火が通ったらじゃがいも、ニンジンを入れる。
 今度は水を入れる。量は適当。それでいいと彼女は言うから。

 

(ちょっと多くても、だいじょうぶ。あとで煮込むし、灰汁(あく)も取るから)

 

「だいじょうぶ、だいじょうぶ……」

 

 口にしながら、スープの表面に浮く灰汁を取り出す。
 しばらくしてルーを入れる。その前に火を止めなくては。
 火をつけたままだと、固形ルーはうまく溶けない、らしい。
 だいじょうぶ。ちゃんと覚えてる。

 

「だいじょうぶ、だいじょうぶ……」

 

 ゆっくりとかき回し、溶けたのを確認したら、ごく弱い火で煮込みはじめる。
 一晩置いた、彼女の作ったカレーはとてもおいしい。
 味覚、というものを教えてくれたのも、彼女だった。

 

 全部。
 すべて、彼女が教えてくれたのに。

 

「だいじ……」

 

 わたしは流し台の前に両手をつき、それ以上の言葉が出てこない。

 

 全部、教えてくれた。あの人。
 もう、逢えない。

 
 
 
 

 この日、朝倉涼子は地上から完全に姿を消失した。

 
 
 
 

 ……三年前、のことです。
 ある時、生まれたばかりの少女がいました。
 そのそばには、彼女をとても大切に思う、ひとりのお姉ちゃんがいたのです。
 お姉ちゃんは、まったく何も知らないまま生まれてしまった少女を気にかけ、怯えるだけの彼女を外に連れ出し、いろんな場所に連れていくようになりました。
 こうして、少女とお姉ちゃんは毎日のようにお散歩を楽しんでいきます。
 最初は家の近くをのんびり歩くだけの散歩でしたが、やがて少女の世界はどんどんとひろがり、新しい発見や楽しい出会いがありました。

 

 でも一方で、困ったことや怖いことにも出会うようになり、何だかこのまま大きくなれそうにないと、思える時もありました。
 そのたびにお姉ちゃんは少女の手を握り、

 

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

 

 とおまじないのようにつぶやくのでした。
 彼女のおかげで、生まれてから、人との関わり方や、感情、生命の意味さえも、まったく、何も知らなかった少女は、だんだんといろんなことを学んでゆきます。
 ご飯の食べ方、調理の仕方、お風呂の入り方、お買い物の仕方、人との話し方。
 彼女はとても不器用だったのですが、何かに失敗しても、お姉ちゃんは優しく、

 

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

 

 とその度、その度につぶやいて、少女を見守っていくのでした。

 

 三年後、ある事故によりお姉ちゃんは静かにベッドで眠りにつきます。
 少女が一生懸命にゆすっても、声をかけてもまったく目が覚めないのです。
 困ってしまった少女は、ある事を思いつきました。
 これまで、お姉ちゃんが少女に対してかけてくれた、魔法の言葉です。

 

「だいじょうぶ だいじょうぶ。だいじょうぶだよ、涼子ちゃん」

 

 お姉ちゃんは起きてはくれませんでした。
 でも、その顔はあの三年前に出会ったときのように、
 とても安らいだ、優しい顔をしていたのでした。

 
 

―ある情報端末による、現地の情報媒体を参考にしたものと思われる、観察対象の行動基準の解析記録―

 
 

 (参考書籍 『だいじょうぶ だいじょうぶ』)

 
 

―第13話 終―

 
 

 SS集/478へ続く

 
 
 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:58 (3093d)