作品

概要

作者輪舞の人
作品名機械知性体たちの輪舞曲 第10話         『焦燥』
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-01-25 (木) 21:16:19

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる登場
古泉一樹登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

 無限の未来。
 それは嘘。

 

―ある情報端末の指摘―

 
 

「今日でよかったのか?」
 規定事項。本当は違うけれど。
「ひょっとして毎日待っていたとか」
 それも規定事項。あなたが来ない事は知っていた。
 でも同時に、待たなくてはならない事も知っていたから。
「……学校で言えないことでも?」
 そう。わたしはこれから、あなたに伝えなければいけない。
 それは、とても大切な事。
「こっち」
 わたしは彼を誘う。
 これからのあなたと向き合う時間。未来を変えられる可能性を秘めた時間。
 その最後の機会なのかも知れない、と考えつつ。

 
 

 五月十日の彼との「再会」後、涼宮ハルヒの周辺の動静は一気に加速したかのように見える。

 

 翌、五月十一日、火曜日。

 

 未来からの派遣観測員、朝比奈みくるが、涼宮ハルヒに直接、半ば拉致されたかのごとく部室に連行された。
 そして目の前で、このわたしから見てもやや行き過ぎと思われるスキンシップを強要される。
 ある程度「されるがまま」の朝比奈みくるを観察した彼による叱責。それならもっと早い段階で止めればよいと思ったが、提言することなく観測に終始する。
 わたしは無言のまま、視線を移すことなく情報を収集。彼の浮かべていた表情の分析を行う。こんな事をしている場合ではないのに。自身の不安定化を再確認する。
 そう言えばこういう人だった、と思う。
 もやもやとした思考がしばらくわたしの中でループする。回答を得ず。

 

 朝比奈みくるは落ち着きを取り戻すと同時に、わたしを認識する。わたしの存在は彼女たちにとってはすでに知られている。そういう事だろう。もちろんわたしも彼女という存在は把握しているし、残るひとり、彼が所属する『機関』もまた、すでに我々の情報を得ている。わたしの場合はTFEIという呼称で認識されているはず。
 今頃『機関』は、涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、わたしの三名が集結しているという情報を得て対応に追われているはず。急遽派遣される人員の選抜までにはあと少しだけ必要。
 古泉一樹。彼の転校は五月二十日を予定。

 

 その後、すでにわたしには帰属意識すら感じる、あの団体の名称が、涼宮ハルヒ自らにより公開される。
 SOS団。この名称についても、自分なりにある程度の分析を試みてみる事にする。
 「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」。その略称としてのSOS団。
 「世界」という言葉を使用している時点で、彼女の自己顕示の強さを感じ取る事ができる。あるいはそうではないのかも知れないが。
 自覚はないのかも知れないが、彼女には世界そのものに対するすさまじいまでの影響力、改変能力を有している。無意識的に自身の能力を投影する対象を、認識しているのかも知れない。
 「大いに盛り上げる」の節。彼女は常に、日常に当てはまらない、それは事件と言っても差し支えの無い非日常の出来事により、先に挙げた「世界」そのものを「盛り上げる」という表現で改変したい。そういう、欲求の現れと分析できるのかも。
 そこで自分の名前を加える。強い意識で、自分が世界を、自分の望むように改変していくという事。
 本当にそうなのか、現時点での確たる回答はない。
 もとはと言えば、三年前の七月七日の彼の発言にある。あの混乱の中で観測された、彼の音声データ。それも彼自身の言葉ではない。どこから来た由来なのかは今後の検討課題として残る。

 
 

 五月十二日。水曜日。
 この日に大きな動静はない。涼宮ハルヒは明日、コンピュータ研への物資略奪行為を実施することが規定事項とされている。
 そのためか、帰宅時に付近の販売店舗にて収奪物資に関するデータを個人的に収集している。何という抜け目のなさ。評価に値する。
 部活動の終了前、朝比奈みくるの顔を視認。明日の自分の置かれる状況を認識していない「未来からの派遣観測員」という皮肉な立場を考える。おそらくもっとも適した表現は「哀れ」だろうと推察されるが、自分にはその表現に対する根本的理解はない。
 わたしの状況には変化はない。行動に移すことが困難。
 規定事項はわたしを縛り続けている。五月十八日の行動に賭けるしかないのか。

 
 

 五月十三日。木曜日。
 最重要観測対象は、ふたつ隣の部屋にあるコンピュータ研究会、略称「コンピ研」へ、彼と朝比奈みくるを伴い移動。しばらくの悲鳴と怒号が繰り返された後、収奪物資を持ち帰る。
 朝比奈みくるはひどく混乱をきたしている。この事態を予測できない、未来からの来訪者。
 わたしは思考する。もしわたしもそうだったら、どれほど良かったか、と。
 これも「皮肉」と表現されるべきだろうか。それはわからない。

 
 

 五月十八日。火曜日。
 彼女の消滅まであと一週間となる。事態は規定事項通りに推移し、わたしが介在する余地をまったく残していない。無為に過ぎた時間。焦りを感じてはいるが、わたしは動けないままでいる。
 その日の部室はいつにない混乱に陥っていた。もちろんその原因は涼宮ハルヒ。
 バニーガールなる衣装を持ち出した彼女は、朝比奈みくるを伴い、部の広報活動へと出かけていく。 規定事項に変更はなく、ただちに教員により拘束され、ほどなく部室へと戻る。
 こすぷれ。三年前よりの懸案事項がこの時初めて解決する。
 コスチューム・プレイ。地球の文化にはまだ未知の領域が多い。
 わたしは彼の視線を追う。朝比奈みくるの肢体に集中する度合いが高いことを確認。
 椅子に座ろうとする彼に対して、彼女たちふたりの脱ぎ捨てた衣服を整理するように要求する。脱ぎ捨てた直後の制服、下着などを手にとった彼の表情に、先日と同様の表面筋肉の動きを確認。また同様の思考ループを経験する。
 そういえば、こういう人だった。
 そしてこの日の彼の言葉の中に「長門はいいのか?」なる発言がある。
 わたしがあのような服飾をすることに、興味があるという事だろうか。
 彼の真意は不明。

 

 わたしは規定事項に沿った行動を開始する。ようやく関連する動きが可能となった。
 「ハイペリオン」。わたしが読んでいたその本に、ひとつのメッセージを込める。
 わたしに許された、未来を改変できるかも知れない、最後の機会への布石となる。
 叶うならば規定事項の枷を破り、彼が来てくれることを期待する。

 

 この行動には大きな目的がある。
 わたしの正体を告げ、彼に迫りつつある脅威、つまり起こり得る朝倉涼子の敵対行為を暗に示唆する事。
 準観測対象として認識され、この世界における重要度が飛躍的に高まりつつある、そういう状況にある自分を認識してもらう事。
 何より彼からの信頼を得る事。
 これらすべてをクリアする事で、朝倉涼子との未来は変えられるかもしれない。
 なぜならわたしが同期した未来の記憶では、この時に彼の信頼を得られなかったから。
 もし今回の試みで彼の信頼を得られるのであれば、それは規定事項を覆す事となる。今までも何度も試み、行動できないままでいたわたしの最後の機会。
 失敗するわけには、いかない。
 わたしの不完全なコミニュケーシュン能力で、どこまでできるのか、それが最大の問題点だったが、やってみるしかない。
 バックアップの彼女、朝倉涼子には特にこの件に関しての支援要請はできない。
 彼女自身が消えてしまう未来を知らせるわけには、いかなかった。
 何とかするしかない。わたし、ひとりで。

 

 もうひとつ、どちらかといえばこちらの方が重大。
 今回の彼との接触で信頼を得ることができない場合、その二日後に発生する世界的な危機、「閉鎖空間事件」で彼を充分にフォローすることができない。
 信頼を得られないままこの事件が発生してしまうと、わたしの提言、言葉は、彼に採用される確率はきわめて低いものになると判断できる。
 その為にどうしてもその日までに「わたしが彼を守るべき味方である」という認識を持ってもらわなければならないのだ。
 そう。味方であると…… 
 味方……味方? では、敵は誰?
 ここで、思考が止まる。

 

 なぜ彼は「前回」、「わたしを味方である」と認識したのか。

 

 「前回」はわたしは自分のマンションで、彼へ説明をするものの、全面的な信頼は得られなかった。
 少なくとも、わたしの言葉は彼へ届かなかった。
 では彼はいつ、わたしの言葉を信用に足るものと判断したのだろう。

 

 いつ?
 それは、いつ?

 

 ……まさか。違う。
 そうではない。

 

 そんなはずは、ない。

 

 わたしは自分の疑念を振り払う。
 そんなはずは、ないのだ。
 そんなはずは。

 
 

『午後七時。光陽園駅前公園にて待つ』

 

 メッセージを思い返しベンチに座る。
 果たして彼は来てくれるだろうか。
 その日、零時まで公園にて待機を続ける。彼は来ない。
 規定事項を確認。その後マンションへと帰宅する。
 朝倉涼子との接触は、ない。思考リンクも最低限度の接触のみ。
 焦燥と、疑念。
 敵と味方。

 

 翌、五月十九日も同様。
 彼は来なかった。
 わたしはあえて、あの思考を封印している。
 敵と、味方。

 
 

 五月二十日。木曜日。
 昨日、学校に来なかった朝比奈みくるが登校する。復調は果たした模様。
 そして彼、古泉一樹が転校して来る。すでに彼以外の『機関』員も潜入を果たしていると考えられるが、今のわたしに直接影響する因子とはなり得ないと判断している。
 同期以後の七月七日から、どう状況が推移するかは不明だったが。
 これでフルメンバーがそろう。わたしたちの、帰属するべき場所の確立。
 同時に、団長である涼宮ハルヒによる、SOS団、活動内容の正式な公開がなされる。

 

「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶことよ!」

 

 すでに経験していた事ではあったが、改めて直接聞くと、やはり驚かされる内容。
 わたしの感情表現能力は極限まで引きだされているはずだが、ほかの人間の目からはおそらく変化は感じられないはず。いや、彼だけは気づいたかもしれない。

 

 朝比奈みくると同様、古泉一樹もまた、部室に連れられてくるとすぐに状況を理解している。
 わたしと朝比奈みくる。ふたりを確認しての第一声。
「はあ、なるほど。さすがは涼宮さんですね」
 彼らもまた敵となり得るのかもしれない。評価するには情報が不足してはいるが。
 七月七日までの時点で『機関』が、わたし以外の情報端末(彼らよればTFEI)との接触を開始しているという未確認情報があるが、これもまた検討するには情報が不足。
 もっとも注意深く接触する対象は現時点では、彼。古泉一樹と判断する。

 
 

 その後、涼宮ハルヒは古泉一樹を連れて、朝比奈みくるも後に続き退室。
 部室にふたり残される、わたしと彼。
「じゃあな」
 そう告げて部屋を出ようとする彼に、わたしは問いかける。
「本読んだ?」
「……本か。あの、異様に厚いハードカバーのことか?」
「そう」
「いや、まだだけど……返した方がいいか?」
 そうじゃない。そうじゃないの。
 わたしは口の中でだけ、彼に悟られないよう、そうささやく。
「返さなくていい」
 一刻も早く。あのメッセージを。
「今日読んで」
 焦燥と疑念。失敗はできない。
「帰ったらすぐ」
 時間がない。本当にすぐに、あの日は来てしまう。もう五日しか、ない。
「……解ったよ」

 
 

 わたしはベンチで待ち続けている。
 時刻は七時を過ぎた。規定事項であれば、彼はもうすぐやってくるはず。
 自転車を急いで漕ぎながら。
 わたしは待つ。

 

 あの恐ろしい疑念を抱きながら。

 
 

―第10話 終―

 
 

 SS集/473へ続く

 
 
 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:58 (2732d)