作品

概要

作者輪舞の人
作品名機械知性体たちの輪舞曲 第6話        『夢幻の揺りかご』
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2007-01-21 (日) 14:32:41

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 
 

 夢、ですか。
 夢とはヒトが「魂」と呼ぶ、思念体に相当するモノが見る幻なのでしょう。
 そして「魂」を持たないモノは、幻すら見ることはできない。

 

 わたしはあなたに作られた人形。
 人形に「魂」が宿るというなら、ひょっとして見ることができるかもしれません。
 でもそれは我々にはあり得ないことなのでしょう?
 彼女、ただひとりを除けば。

 

 我が主よ。

 

―ある情報端末の考察―

 
 

 時が流れる。
 砂が流れるように静かに、ゆっくりと。
 閉じきった部屋はとても暗くて、寒々しくて、でも今のわたしには平穏な空間。
 目を閉じたまま耳を塞いで、誰とも、何も話したくなかった。
 閉じこもったわたしは、うつろにたゆたう時の中で、ひざを抱えたまま眠りにつく。

 

 やがて夏が来る。
 わたしには初めてで、わたしには四度目の熱い季節。
 セミの鳴き声が聞こえる。子供たちの笑い声。近くの学校の夏休み。
 ある日の夕暮れ。雷と共に瞬間的な激しい雨。
 雨上がりのアスファルトの匂いを思い出す。
 彼の背中を見ている。

 

 やがて秋が来る。
 わたしには初めてで、わたしには四度目の寂しい季節。
 風の流れる音と枯れ葉の舞う風景が好き。
 空気は夏の熱を少しずつ忘れてゆく。次の季節への予感。
 少しだけ、ひとりでいたくなくなる時間。誰かにそばに居て欲しい。
 彼に居て欲しい。

 

 やがて冬が来る。
 わたしには二度目で、わたしには五度目の白い季節。
 空は曇りがちの日が多い。太陽が顔を出す時間は短くて、夜の冷たさは少し怖い。
 そのうちにとても懐かしい光景。空から舞い降りる氷の結晶に包まれるわたし。
 わたしの生まれたその時の風景を、誰かに見て欲しいと思う。
 彼に見て欲しい。

 

 やがて春が来る。
 わたしには二度目で、わたしには五度目の安らかな季節。
 冬の名残を、大地の芽生える緑が追い払ってしまう。それはとても力強いもの。
 わたしは図書館までの道を彼と歩く。彼は優しくわたしの手を包む。
 暖かい気持ち。彼と共に歩く。それはとても素晴らしい瞬間。
 彼といつまでもずっと一緒に居たいと願う。
 彼は照れ笑いを浮かべてそっぽを向く。私はそれがとても愛おしい。

 

 わたしはこれを繰り返す。三年の時を刻むまで。

 
 

 ――夢を見ている。

 

 ”睡眠”はすでにわたしの能力の一部。でも夢を見るのは初めてのこと。
 夢はわたしに経験していない光景を見せてくれる。
 彼女は言う。それは自分の願いや想いが映し出される鏡のようなものなのだ、と。

 

 そう言って微笑む、いつものあの笑顔が好きだった。
 だいじょうぶ、と言ってくれるあなたが好きだった。
 裏切られた今でも、わたしはあなたが大好きだった。

 

 わたしは夢の中で、自分のものではない言葉があふれていくのを感じている。
 想い、願い、愛おしさ。そんなものまでわたしは感じている。
 まったく脈絡のない、支離滅裂なもの。でもとてもここちのいい感覚。

 

 これがわたしの言葉や、想いのはずがなかった。
 でも、それはやはりわたしの言葉であり、想いだった。

 

 ぼんやりとした意識の中で、それでもわたしは自分の機能の確認を行っている。
 わたしの記憶領域の一部に不明確なジャンクデータの集積地点が確認できる。
 それは冬眠状態になって、突然活性化を始めた、正体不明のもの。
 ひとつひとつでは何の意味もないように見える、ごく微細な情報の集まり。
 情報たちが触れ合い、反発し、また離れ、時には分裂していく。

 

 彼がわたしの前でため息をつくたびに、ひとつ。
 彼女がわたしの顔をみて優しく微笑むたびに、ひとつ。

 

 やがてその情報たちは、いびつだけれど意味のありそうな形を作り出し、失敗しては壊れ、崩れては消滅し、またどこからか現れる。

 

 彼女の暖かい手がわたしを撫でるときに、ひとつ。
 彼がわたしを見つめるたびに、ひとつ。

 

 その繰り返しをわたしは見つめ続けている。
 この不思議な情報群の作る”何か”が、わたしに夢を見せてくれている。そう信じている。

 

 これらのとてもおかしくて、とても恐ろしくて、とても奇妙で、とても暖かい、理解のできない情報群は、すべて朝倉涼子がわたしにくれたものだった。

 

 とても嬉しい。あの人がわたしにくれた大切なものたち。
 胸に抱いて眠るとき、わたしは幸せな気持ちに包まれていくのを感じる。
 微笑みがこぼれる。この夢の中でだけは、彼女が教えてくれた、あの笑顔をわたしは浮かべることができるから。

 

 彼女の困った顔、怒った顔、泣きそうな顔、照れ隠しの微笑み。
 それが今のわたしにはできる。
 あの大好きだった彼女のすべての表情とその意味を、今だけはわかる。

 

 とても、嬉しい。
 本当に嬉しかった。
 泣きたいくらいに嬉しかった。
 なぜなら。
 時と共に、彼女のくれた、この大切なものが大きく育ち――

 
 
 
 

 ――私を壊すからだ。

 
 
 
 

 ――覚醒。

 

 窓。朝日が差し込む。柔らかな光。
 小鳥のさえずる声が聞こえる。
 新聞配達の自転車の音。遠くに聞こえる車の動力音。

 

 わたしはひざを抱え、座っていた姿勢からゆっくりと立ちあがる。
 北高の制服はあの夏の日のままだった。
 入学手続きは完了している。
 今日からパーソナルネームは公けに呼称されることになるだろう。

 

 玄関から出ようとして、わたしはひとつのことに気づいた。
 眼鏡をかけていない。

 

 三年前のあの七夕の日。二度目に訪れた彼に、眼鏡を情報操作により、再修正プログラムを投射する短針銃として変成し、手渡していたのだ。
 彼女が買ってくれたあの眼鏡は、すでにこの時空平面には存在しない。
 もう二度と戻ってくることはない。そう思う。
 わたしは手近なコップを手に取ると、それを新しい眼鏡に変え、何事もなかったかのように玄関のドアを開けた。

 

 彼女の決めた事を、なぜ忠実に今でも守ろうとしているのかはわからない。
 エレベータで下に降りながらぼんやりとそんな事を考えてみる。
 大した理由は思いつかない。ただ習慣になってしまっただけなのだと納得してみる。
 マンションのオートロックドアを開け、外へ。
 風が心地いい。三年ぶりの外界だった。
 これからが本番。本当の世界がわたしを待ち受けている。
 甘やかされた、あの優しい環境はもう戻ってはこない。

 

「むくちきゃらで、いこう」
 突然、イントネーションもなくひとりでそっとつぶやいてみる。
 別に何の変化も起こらなかった。
 どうせもうこの声は彼女に届かないのだろうから。

 

 ふと顔をあげ、マンションの5階に視線を移す。
 何も、なかった。

 

 わたしはマンションを出て、まぶしい朝の光の中を学校へと向かって出発する。
 彼が、待っていてくれと私に願った、あの文芸部の部室に行くために。

 

 戦いはもう、始まっている。

 
 

―第6話 終―

 
 

 SS集/463へ続く

 
 
 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:56 (3093d)