作品

概要

作者
作品名とある〜クリスマス
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-12-27 (水) 00:16:11

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

とある クリスマス 夜更けの708号室    独りの少女が佇んでいる。 
少女はたった一人、殺風景な部屋でお茶を飲んでいる。
さっきまでの騒ぎがまるで嘘だったかの様に、その部屋は音を無くしてしまっている。
少女は湯飲みに手を添え、そこに映し出されている自分の姿をじっと、見つめている。
 
 
 私は待機期間中、ずっとこうやって過ごしてきた。
しかし、その時にはこのような違和感を感じる事が無かった。
何かを感じるという事自体が、わたしには無かった。
この違和感とは一体何なのだろうか、わたしには解らない。
 
現在、観測対象である涼宮ハルヒは、夜景を見ながら白い息を吐いている。
彼も、同じ夜景を見ながら、白い息を吐いている。
 
情報フレアも観測できない。
空間の歪みも観測できない。
 
彼と彼女が同じ場所に居る。 
  
ただ… それだけ。
  
それだけの事に、わたしは何かを感じている。
  
気が付くと、湯飲みの中に映るわたしの姿が、波紋と共に揺れている。
波紋を作った小さな粒が、わたしの瞳から溢れている。
次から次からこぼれ落ちる、小さな雫のその訳も、そしてその止め方さえも、
 
わたしには…  わからない。
 
 

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:51 (1921d)