作品

概要

作者753k
作品名雑談〜三人のお風呂
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-11-06 (月) 23:45:44

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子登場
喜緑江美里登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

有希「最終フェーズの正常終了を確認。」
江美里「ストレージの転送を開始…3…2……完了しました。」
涼子「ダストを回収、破棄。」
有希「プロセス停止。」
………
涼子「終わったぁ。」
江美里「ご苦労様。」
涼子「ねぇ。最近私たちの仕事増えてないかしら。」
江美里「そうね。お父様たちも動いているみたいよ。」
涼子「そういえば、この所ちょっかいかけて来ないわね。」
江美里「でも、一番大変なのは有希よね。」
有希「私は平気。」
涼子「私たちの前でくらい、強がらなくてもいいのに。」
有希「……。」
涼子「それじゃ、私たちは帰るわね。」
有希「…待って。」
江美里「どうしたの?」
有希「お風呂。」
涼子「?」
有希「…一緒に入って。」

 

涼子「持ってきたわよ、お風呂セット。」
江美里「私も持ってきたわ。」
有希「私のを使えばよかった。」
涼子「いやよ、自分に合ったものを使いたいのもの。」
江美里「女の子の髪と肌は大切よ、有希。」
涼子「ちゃんとケアしてなきゃ彼にも嫌われるわよ?」
有希「え。」
江美里「大丈夫よ。彼はそんなことで嫌ったりしないわ。」
有希「(ほっ)」
涼子「そうは言っても、男の子にとって見た目は相当大事よ?」
有希「!」
江美里「もう涼子ったら。じゃあ有希、今日は私のシャンプー使ってみる?」
有希「みる。」
涼子「あ、江美里さん思索堂の使ってるんだ。いいなあ。」
江美里「ええ、ちょっと高いけど。コレが一番いいわ。」
涼子「私はS&Jとイノベート。本当はもっとこだわりたいんだけど。」
有希「??」
江美里「涼子は一番髪が長いから大変ね。」
涼子「本当。すぐなくなっちゃうの。有希は何使ってるの?」
有希「コレ。お父さんが送ってきた。」
涼子「あっ、MainStream?じゃない。有希、コレはやめた方がいいわよ。」
江美里「そうね。あまり良い評判は聞かないわね。」
有希「…そうなの?」
江美里「今度、一緒に買いに行きましょうか。」
有希「行く。明日。」
涼子「明日?おじさんが送ってくれた分がまだ残ってるでしょ?」
有希「……今、連結解除した。」
涼子「あー。」
江美里「(…おじ様、お可哀そう。)」
涼子「…ねえ、そろそろお風呂入らない?」
有希「準備は万端。」
江美里「…じゃあ、入りましょうね。」

 

(ぬぎぬぎ)
有希「……。」(じー)
涼子「何見てるのよ、有希。羨ましいのは分かるけど。」
有希「別に羨ましくなどない。」
涼子「あ、そう。」
有希「……。」(じー)
江美里「どうしたの、有希。早く脱ぎなさい。」
有希「…うん。」
涼子「先に入ってるわよ。」
有希「……。」
江美里「有希もそういうこと、気にするようになったのね。」
有希「…別に。」
江美里「あら、そうだった?」
有希「…。」
涼子「ちょっと有希。」
有希「なに?」
涼子「準備万端ってこういう事?」
有希「?」
江美里「アヒルのおもちゃがいっぱい浮いてるわね。」
有希「…ヒヨコ。」
江美里「あら。」
涼子「でもま、有希にはお似合いだけどね。幼児体型の有希には。」
有希「!」(しゅびっ)
涼子「いたっ!何するのよっ!」
有希「私じゃない。今のはピヨさん。」
涼子「何がピヨさんよっ。壁っ子っ!」(しゃばっ)
有希「山眉。」(びしゃっ)
涼子「誰の眉毛がよっ!このぉ……、っ!?」
有希「…っ!」
江美里「………。」(ずーん)
涼子「(江美里さん、…怒ってる!?)」
有希「……江美」
江美里「二人とも、ちょっとそこにお座りなさい。」
涼子「…はい。」
有希「…うん。」
江美里「目を瞑って。」
涼子「…。」
有希「…。」
(ばっしゃーーーん)
涼子「きゃっ!?」
有希「!?」
涼子「え、江美里さん?」
江美里「ねぇ、みんなで入るお風呂なんだし、背中流しっこしましょ?」
涼子「え、あ、じゃあ私…」
有希「私、江美里洗うの。」
江美里「あら。じゃあ、有希に洗ってもらおうかしら。」
涼子「あーん、有希ずるーいっ。」
有希「早い者勝ち。」
江美里「涼子は私が洗ってあげるわ。」
涼子「!!」
有希「!!」

 

(しゃか、しゃか、しゃか)
涼子「(あぁ、幸せ…。)」
(わしゃ、わしゃ、わしゃ)
江美里「涼子のお肌ってすべすべね。」
(ごしゅ、ごしゅ、ごしゅ)
有希「っ。っ。っ。」
(ばっしゃーーーん)

 

――回れ右――

 

(しゃか、しゃか、しゃか)
涼子「江美里さんもお肌きれい。」
(わしゃ、わしゃ、わしゃ)
江美里「そお?ありがとう。有希もきれいね。」
(ごしゅ、ごしゅ、ごしゅ)
有希「………。」
(ばっしゃーーーん)

 

涼子「この浴槽、みんなで浸かるには狭いかしら?」
有希「大丈夫、入れる。」
江美里「有希が真ん中ね。」
(ちゃぷん)
江美里「あぁ、いいお湯ね。」
涼子「うん、気持ちいー。」
有希「ぶくぶくー。」
涼子「ちょっと狭いけど。」
江美里「みんなでくっついて入るのがいいのよ。ピヨさんたちもね。」
涼子「でもピヨさん多すぎでしょ、コレ。」
有希「ピヨさんはこの子。他はみんな違う名前。」
涼子「全部に名前がついてるの?」
有希「そう。」
涼子「例えばコレは?」
有希「コレはコレと二人で、ピヨキュア。この5匹は雛雛戦隊ピヨルンジャー。」
涼子「何だかすぐやられそうな名前ね…。」
有希「ミツピヨ公とピヨ三郎、ピヨ之進。」
涼子「ちゃんと髭が付いてるのね、ミツピヨの老人。」
有希「それからコレがピヨ吉、コレがピョン。妹もいる。」
涼子「ピヨ吉にピョン?何それ。」
江美里「あらあら、有希ったら。」
涼子「どうしたの、江美里さん?」
江美里「何でもないわ。ふふっ、今日は涼子と有希仲が良いわね。」
涼子「え。べ、別にいつもと同じだわ…。」
有希「同じ。」
江美里「ふふ、そうね。二人はいつも仲良しよね。」
有希「……。違う。」(ぎゅっ)
江美里「有希?」
涼子「ちょっと、くっつき過ぎ…。」
有希「三人はいつも仲良し。」
江美里「あら、有希ったら。」
涼子「…もうっ。」
有希「ぶくぶく…。」

 

(おしまい)

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:41 (1921d)