作品

概要

作者753k
作品名雑談〜三人のハロウィン
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-11-06 (月) 23:43:38

登場キャラ

キョン不登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

(ぴんぽ〜ん)
有希「!!」
涼子「有希〜!トリック・オア・トリ〜トッ!!」
江美里「ハッピーハロウィン、有希っ。」
有希「……。」
涼子「……トリック・オア・トリ〜トッ!」
江美里「……ハッピーハロウィンッ。」
有希「……。」
涼子「……魔女だぞー。」
江美里「……吸血鬼よー。」
有希「……。」
涼子「……。」
江美里「……。」
涼子「……ちょっと、何その無反応ぶりは?」
有希「(うるっ)」
涼子「ちょっ、有希!?」
江美里「あら、驚かしちゃったかしら。」
有希「(ふるふる)」
涼子「じゃあ、何なのよっ。」
有希「…魔法使い…。」
江美里「えっと、…涼子の衣装?」
涼子「私の?」
有希「魔法使いは…私の…役……ぐす。」
江美里「あ、そういえば…。」
涼子「それって来年の映画の役でしょ?別にいいじゃない。」
有希「私の……。」
江美里「………。」
涼子「江美里さんっ、な、何でこっち見てるのっ!?」
江美里「涼子。」
涼子「いやよっ。この衣装は私が作ったんだものっ!」
有希「……。」
涼子「手作りなのよっ!情報操作じゃなくて手縫いなのっ!」
江美里「そう、困ったわねぇ。」
涼子「有希の衣装ならあるじゃない。江美里さんも手縫いで作ってくれたのよね?」
有希「ほんと?」
涼子「私もどんな衣装なのかまだ知らないけれど。ね、江美里さん。」
江美里「ええ、でも魔法使いじゃないわよ。いいかしら、有希?」
有希「いい…。江美里が作ったのなら。」
涼子「(ほっ。)ねぇ、見せてよ、江美里さん。」
江美里「いいわよ。」
有希「(どきどき)」
江美里「じゃーーん。かぼちゃおばけよー。」
有希「……ッッ!!!」
涼子「……ッッ!!!」
江美里「どう?」
有希「(股下まで伸びる橙色のニーソックス…)」
涼子「(顔がほとんど隠れてしまうジャック・オ・ランタンの被りモノ…っ)」
有希「(かぼちゃの葉を模したと思しき緑色の衣装…)」
涼子「(そして、今時王子様だってはかない純白のかぼちゃぱんつ…っ)」
有希「(江美里が作ったとは言え、これは……)」
涼子「(絶対に着たくないわっ!!)」
江美里「あの…、変…、だったかしら…?」
有希「ぁ…。」
涼子「ぇ…。」
江美里「…そっか。はりきって作ったんだけど、嫌ならしょうがないわね…。(ほろり)」
有希「あ…。」
涼子「江美里さん…。」
江美里「ごめんなさいね、有希。代わりは私の吸血鬼の衣装でもいいかしら?」
有希「あ、やっぱり…」
涼子「はいっ!!私!着たいっ!!江美里さんが作った衣装、着たいッ!!」
江美里「涼子?」
涼子「私が着てみたっていいでしょ、江美里さんっ。」
江美里「無理しなくてもいいのよ、涼子。」
涼子「無理なんてしてないわっ。本当に着てみたいんだもの!」
江美里「そう?じゃあ…。」
涼子「さ、着替えましょ、有希。私の魔女は譲ってあげるわ。」
有希「涼子…。」

 

涼子「トリック・オア・トリート!江美里さんっ!」
有希「はっぴー・はろうぃん。」
江美里「ハッピーハロウィン。涼子、有希。」
涼子「…どうかしら。かぼちゃおばけ。」
江美里「とっても似合ってるわ、涼子。」
涼子「ははは。(江美里さんのセンスって、概念が理解できないわ……。)」
江美里「有希はちょっと大きすぎるわね。」
有希「ぶかぶか。」
涼子「当たり前よ。私のサイズに合わせて作ったん…だ……もの?」
有希「……。」
涼子「……この衣装って江美里さんの手縫いなのよね?」
江美里「ええ、そうよ。」
有希「………っ。」
涼子「……確か有希のために作ったのよね?」
江美里「ええ、そうよ。」
有希「………っ。」
涼子「……なんで私の体にぴったりなのかしら?」
江美里「あら、本当ね。何でかしら?」
有希「………っ。」
涼子「有希、あなた何でさっきから下を向いているのかしら?」
江美里「あら、本当ね。何でかしら?」
有希「………っ。」
涼子「江美里さんも、何で私たちさっきから目が合わないのかしら?」
江美里「あら、そうかしら?」
有希「………っ。」
涼子「有希、江美里さんまで…。」
江美里「あの、涼子?」
有希「………っ。」
涼子「(うるっ)」
江美里「あらっ?」
有希「!」
涼子「江美里さんと有希のばかーーーっ!!わかめっ!!キャベツっ!!まな板ーーーっ!!」

 

涼子「くすん。」
江美里「ほら、機嫌直して。涼子。悪かったわ。」
涼子「……ふん。」
江美里「有希も謝りなさいな。あなたの企画でしょ?」
有希「…っ。」
涼子「有希が…?」
有希「……。」
涼子「何でよ…?」
有希「……。」
涼子「訳を言いなさいよっ。」
有希「…涼子のせい。」
涼子「私が何したって言うのよ。」
有希「……去年、涼子はお菓子をくれなかった。」
涼子「はあ?」
有希「だから、いたずらした。」
涼子「……。」
有希「とりっく・おあ・とりーと。」
涼子「っっ!有希のあほーーーーーっ!!」(ぺちーん!)
有希「元々は涼子が悪い。」(ばちーん!)
涼子「たかがお菓子でしょっ!」(びちーん!)
有希「雪見大福をバカにしないで。」(ぺしーん!)
涼子「有希のいやしんぼっ!」(ぱかーん!)
有希「違う。それに先刻のまな板はどういう意味。」(ぴしーん!)
涼子「そのままの意味に決まってるでしょ、この貧乳娘っ!」(ぽかーん!)
有希「今のは聞き捨てならない。」(ぼこーん!)
………
江美里「ふふ。本当、ふたりは仲良しさんね。」

 

−有希就寝後・談−
江美里「涼子、まだ怒ってるの?」
涼子「江美里さんは有希の味方ばかりするんだもの。今日だって…。」
江美里「有希はまだ幼い所があるんだから、しょうがないわ。」
涼子「私も子供っていつも言うくせに。」
江美里「じゃあ涼子は、有希みたいにお菓子が欲しいの?」
涼子「わ、私はお菓子じゃなくて……もごもご。」
江美里「ふふっ。じゃあご褒美に、今日はこのまま涼子の部屋に泊まろうかな。」
涼子「ご褒美?」
江美里「涼子、私の衣装を着たいって言ってくれたでしょ。」
涼子「あ、あれは…。」
江美里「私、本当に嬉しかったのよ。」
涼子「江美里さん…。」
江美里「涼子…。」
涼子「江美里…さんっ…。」(ぎゅっ)
江美里「でもね、涼子。」
涼子「え?」
江美里「私、”わかめ”だけは許せないの。」
涼子「……ッッ!!!」

 

(おしまい)

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:41 (2003d)