作品

概要

作者おぐちゃん
作品名ちびなが 10話
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-07-27 (木) 00:54:00

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子登場
喜緑江美里登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

 朝倉がナイフを抜く。あり得ないスピードで近づきながら。
 気が付くと体が勝手に動いて、ちび長門を小脇に抱えていた。俺に出来るのは逃げることぐらいだ。
「────────!」
 そのとき、長門が呪文を紡いだ。次の瞬間、上空に巨大なサイコロが現れると、朝倉の真上に落下する。
 ……あれしきで死ぬタマじゃあるまい。俺は長門を抱えたまま全力で逃げ出した。
 と、真正面にもう一つの影。……喜緑江美里!
 スタンガンのような物を慣れない手つきで構えた彼女は、その先端を俺たちに向け、
「わ、いったたたた!」
いきなり頭を抱えてしゃがみ込んだ。って俺も痛いぞ!
 後ろからぷしゅぷしゅという気の抜けた音がする。エアガンで狙撃されてる!?
 頭を抱えてBB弾の直撃に耐える喜緑さんを追い越して、俺は走り続けた。
 今のはなんなんだ一体。
「かくしんはのいんたーふぇーす」
 どうやらエアガンの射程外に出たらしく、BB弾は飛んでこなくなった。……喜緑さんがまだ悲鳴を上げているけど。
 振り返ってみると、向こうの建物の扉からエアガンの銃身だけが突き出ている。なんで追いかけて来ないんだ?
「かのじょはさばげーまにあ。だけどひきこもり」
 ……なんだその間違った革新性は。
 っとそんな場合じゃない。とにかく朝倉から離れようと走り出した瞬間。
 目の前のマンホールが、ぽーんと真上にすっとんでった。
「逃がさないんだから!」
 下水管から華麗に飛び出す学年一の美少女。朝倉は見事な空中回転を決めて着地した。
 なんというか実に見事だ。ミニスカートでジャンプ&回転なんてサービスが良すぎる。ただ、どうせならもっと可愛いパンツをはいてきてくれ。
 若干錯乱気味の俺をよそに、長門は冷静に呪文を唱える。
「────────がり」
 ……がり?
 見ると、長門は両手で口を押さえて小刻みに震えていた。
 ひょっとして、舌噛んだのか?
「…………(こくこく)」
 目尻に涙をためてうなずくちび長門。お子様にあの早口言葉は無理だったか。
 かくして、俺たちの短い逃避行は終わりを告げた。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:36 (3093d)