作品

概要

作者おぐちゃん
作品名ちびなが 2話
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-07-23 (日) 17:50:01

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

 そう言えばこの身長ではキッチンに手が届くまい。もうすぐ昼飯時だ。子供にとって一食抜くのは苦行に等しい。
 俺はあわててキッチンに駆け込んだ。ご飯は……昨日の残りがある。おかずはいつもの缶入りカレーだけか。
 俺はカレーを鍋に空け、冷蔵庫の片隅にあったリンゴをすり入れた。うん、これなら子供にも食べられる辛さだろう。
 野菜をちぎってサラダを作り、長門の前に持って行く。
「……いただきます」
 俺に一礼すると、長門は猛然と食べ始めた。
 あり合わせで悪い。うまいか?
「はむはむはむはむ(こくこく)」
 長門はうなずきながらも凄い勢いでカレーを食べていく。よほど腹がへってたんだろう。
 あっという間に食べ終えた長門は、
「……………………」
 恨めしそうにカレー皿を眺めている。どうした、やっぱり不味かったか?
「もうたべられない……もうすこしたべたかった」
 そりゃ仕方ないだろ。子供の胃袋にしては食べた方だ。
 また作ってやるから、もうご馳走様しなさい。
「…………やくそく」
 片づけられる食器を、市場に向かう仔牛の瞳で見つめながら、長門はうなずいた。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:21 (2714d)