作品

概要

作者
作品名とある〜文芸部室 5話 シャープペンシル
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-09-02 (土) 00:28:41

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

とある お昼休みの文芸部室        小柄な少女が本を読んでいる。 
良くある微笑ましい光景に見えるが、文学少女が宇宙人ってのはそう無いはずだ。
 
有希は時々、本から視線をそらすとノートにメモを取っている。
そんな様子を、キョンは微笑ましく思いながら眺めている。料理の本だろうか。
「おまえなら、メモなんて取らなくても覚えられるだろ? 」
「 ………… 」
……まあ そっちの方が普通の高校生っぽくていいけどな
 
カチカチッ 静かな文芸部室にシャーペンのノック音が流れる。
   
……そうしていると本当に普通の、あの寒かった日のお前を思い出すぜ。
 
カチカチッ……カチカチ…  「……?…? 」
カチカチッ…カチカチカチカチッ 「…?…!! …!! 」
 
「 おい 長門? 」
「……芯が …出ない 」
 有希が困った顔でキョンを見る。
「 長門、貸してみろ 」
キョンがシャーペンを分解し、詰まった芯を取ってやる。
「お前って、万能宇宙人とばかり思ってたが、案外、出来ない事あるんだな。」
「 …ごめんなさい 」
 
「俺はそういうお前のほうが、かわいいって意味で言ったんだがな 」
有希はキョンにしか解らないような、恥ずかしげな顔で、受け取ったシャーペンを
胸の前で、きゅっ と握り締める。
 
      どこにでもある…そんな お昼休み

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:19 (1984d)