作品

概要

作者nanashi
作品名長門と一夜14
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-08-31 (木) 00:23:05

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

俺はひたすら沈黙していた。

手が汗ばんできた。長門と握っているせいだ。

離したくても長門がしっかりと俺の手を握る。

「長門……そんなこと誰にもわからないじゃないか」

「あなたが最初に涼宮ハルヒに話しかけたあの七夕の日から既に結ばれるのは既定事項」

あの七夕の日から俺とハルヒは結ばれる運命だったって言うのか?勘弁だぞ。

今すぐ朝比奈さんとタイムトラベルして4年前に行ってハルヒの手伝いをした俺を止めに行くぞ。

「朝比奈みくるには時間渡航を自由にできる権限は与えられていない。

それにあなたが4年前に涼宮ハルヒに話しかけなければ彼女は今光陽園学院に進学していた。勿論私もそこにいることになる」

去年長門が改変した世界に長門さえ北高にいないバージョンか?

「そう」

ハルヒと結ばれるなんて地獄の鬼も聞きたくないようなことを聞いてしまった。

「じゃあどうやっても長門とは付き合えないのか?」

「方法はある」

この既定事項はあなたが涼宮ハルヒを拒否すれば覆ると長門は言う

そして長門は口調を強くして言った。

 
 
 

「わたしはあなたという個体と共に有りたい」

 
 
 

長門からの告白だった。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:17 (2729d)