作品

概要

作者おぐちゃん
作品名県立北幼稚園 第九話 『夏への扉』
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-08-28 (月) 22:23:47

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる登場
古泉一樹登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「失礼します。朝比奈さんはこっちに来てませんか?」
 ある日の午後、きりん組の保母、森さんがうさぎ組にやってきた。
 ……嫌な予感がする。部屋を見渡すと、みくるちゃんはいなかった。だが、うさぎ組も二人ほど人数が足りない。
「すみません。ちょっと目を離した隙に出て行ったらしいです」
 俺は部屋を飛び出した。園児の手前走るのはどうかと思うが、そうも言ってられまい。
 幸い、心当たりはある。けさ講堂でお遊戯をしたとき、彼女は床をしきりに気にしてた。
 俺は講堂に駆け込んだ。人気はない。だけど、床下に通じるハッチが開いているのは一目瞭然だった。

 

「どうしてあんなとこ入ったの。先生に教えてごらん」
 俺と古泉は、保護した三人と講堂の隅で話をしていた。
 みくるちゃんは、髪の毛にクモの巣をくっつけてべそをかいている。有希ちゃんもほこりだらけだ。
「べつに。なんでもないわよ」
 そして張本人はと言うと、さっきから腕組みをして俺たちをにらみつけていた。
 ハルヒちゃんは何をやらせても人並み以上に出来る子で、うさぎ組のリーダーと言える。
 ただし彼女、変な癖がある。立ち入り禁止の場所にやたらと入ろうとしたり、砂場を底まで掘り返してみたり。さらに、年長のきりん組からみくるちゃんを連れ出したり。
「何でもないのに床下には入らないでしょう。なにか隠してるんですか?」
 古泉がやんわり聞くが、ハルヒちゃんは答えない。仕方ない、ここは一つからめ手で行こう。
「ハルヒちゃん、何を探してるの?」
 腕組みして横向いたままだが、ハルヒちゃんは確かに反応した。そう言うことか。
「なら、先生も一緒に探すよ。ひとりであんなとこ入っちゃ危ないし」
 彼女はそのまま考え込んでいた。そこへ、有希ちゃんが一言。
「せんせいはだいじょうぶ。みかた。しんじて」
 ナイスフォロー有希ちゃん。ハルヒちゃんは少し考えたあとうなずいて言った。
「とびらをさがしてるの」
「扉? どこに入る扉ですか?」
「あっちにいくとびら」
 ハルヒちゃんは、ぽつぽつと話し始めた。

 

「さかのうえにはね、ようちえんじゃなくて、こうこうがあるの」
 こうこう? 高校なんて、この辺にはないぞ。
「うん。でもむこうにはあるの。おんなのこはせーらーふくきてた」
 どこか他の場所とごっちゃにしてるのか? でも制服がセーラー服の高校なんて、市内にはないと思うが。
「でも、ハルヒちゃんが高校に入れるのはもっと大きくなってからですよ?」
 古泉が冷静に突っ込むと、ハルヒちゃんは一言答えた。
「うん。でも、もうひとりのあたしはこうこうせいなの」
 ? もうひとり?
「そのこうこうにいんのよ、もうひとりのあたし!
 ゆきもみくるちゃんも、キョンもこいずみくんもいた。だからそっちのあたしにあいにいきたかったのよ」
「……そっちに行く扉を探してたの?」
 ハルヒちゃんは大きくうなずく。
 もう一人の自分、ね。しかし、そう言うのは遠慮して欲しい。
 だって、宇宙人と未来人と超能力者がいるだけで、俺はもういっぱいいっぱいなんだ。その上ハルヒが二人になろうもんなら、俺にはもう面倒見切れないね。異世界人と出会えればハルヒのやつは大喜びだろうが、それを隠し通さなきゃいけない俺の身にもなってくれってもんだ。

 

「……せんせい?」
 有希ちゃんの声で、俺は我に返った。
 ──なんだろう。あり得ない光景を、見た気がする。
「わかりました。その扉、先生も一緒に探しますから。
 これからは一人で危ないところに入っちゃだめですよ?」
 その間に、古泉が綺麗にまとめていた。まあ、ハルヒちゃんの扉探しにつきあうくらいはいいだろう。
「ほんとね! いいわ、これからあたしたちなかまだから!」
 講堂の片隅で輪になる、ちぐはぐな五人組。
「……?」
 既視感、というのだろうか。俺は一瞬だけ目眩を覚えた。
 そのあと俺たちはみくるちゃんをきりん組に届け、うさぎ組へと帰った。

 

「せんせい」
 廊下を歩きながら、有希ちゃんが聞いてくる。
「せんせいは、うちゅうじんってすき? おともだちになれる?」
 そう言われても、会ったことないしな。だが、子供の夢を壊すわけにもいくまい。
「そうだね、お友達になれると思うよ」
 すると有希ちゃんは、もじもじしながら次の質問をした。
「……それじゃ、うちゅうじんは、せんせいのおよめさんになれる?」
 お嫁さんって。ちょっと遺伝子とか文化的ギャップとかが心配なんだが。
 そのとき、心の中にイメージが浮かんだ。いつも本ばかり読んでいて、何事にも無関心そうだけど、実はいつも俺たちを見守ってくれている奴。
「うん。なれるよ、お嫁さん」
 自分でも驚いた事に、言葉がかってに口をついて出た。
 次の瞬間、有希ちゃんが俺の足にタックルしてくる。
「どうしたの? 有希ちゃん」
「……なんでもない」
 有希ちゃんはなにやら嬉しそうに、俺の足にずっとしがみついていた。

 

 さて、子供たちに本でも読んでやるか。
 有希ちゃんが本を持って突進してくる。こう言うとき本を選ぶのは有希ちゃんの役目だ。
 俺が椅子に腰掛けると、有希ちゃんは俺の膝に乗ってくる。……ミヨキチがやってきて以来、ここが有希ちゃんのホームポジションになってしまった。
 だが今日は少し違った。
「ゆきばっかりずるーい! あたしものせなさいキョン」
 そう言って、ハルヒちゃんが俺の膝に上ってきた。子供二人は正直つらいんだが。
「…………」
 二人は俺の膝に座り、足をぶらぶらさせながら本の挿絵を見つめている。
 かなわんよなぁ。こんな風に幸せオーラを出されちゃ、俺も怒れなくなる。
 結局、俺はそのまま本を読み始めた。
 二人の少女は、俺の膝で仲良く並んで、じっと俺の声に聞き入っていた。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:15 (2734d)