作品

概要

作者ID:KsG4jpDf
作品名vs中間テスト戦
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-08-22 (火) 20:18:01

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ不登場
みくる不登場
古泉一樹不登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

全校生徒に平等に降りかかる試練、それがテストである。
もちろん私にも訪れ、それを三日後に受けることになる。
授業中は提出のためにノートを書くことはすれ、教師の話は全て馬耳東風。
なんたって私には、情報統合思念体がついている。
全宇宙規模でカバーされる情報データベースに照合すれば解けない問題など皆無だ。
「中間テスト範囲の照合を申請する」
部屋でみかんの皮をむきながら情報統合思念体に申請する。
二秒ほどの間のあと、情報統合思念体から返答がくる。
「却下」我が耳を疑った。すいません、リピートアフターミー。
「却下」思わずみかんを落としてしまう。許可してくれないと困るのですが。
「却下」……えーと、自力でやれと? そういうことですか?
肯定の沈黙。私は寂しげな部屋でフリーズしていた。どうすればいいのだ。
急いでノートを広げる。記憶力には自信がある、丸覚えすれば問題ない。
……しまった、書き取り損ねた部分がある。彼のことを妄想してたときだ。
いやまてしかし、これはチャンスたりえるのではないだろうか?
勉強を教えて欲しい、と彼に頼んでみて、二人きりの勉強会、みたいなー。
翌日、部室で私は小説ではなく教科書を開いていた。彼がやってくる。
「長門、それは教科書か? テスト近いのはわかるけど珍しいな」
「あなたは」
「俺? 勉強か? 最初から諦めてるからな。予習はしとくけど」
「おしえる?」
「マジ? えっと、ここら辺がわからんのだが」
彼が見せてくれた場所は、私のクラスではやっていない設問だった。
……しまった、彼とは担当する教師が違ったのだ。わからない。
(この問題の回答を教えて欲しい)(却下)
無言の私を、彼が見つめてくる。……ど、どうしよう?

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:10 (1744d)