作品

概要

作者ID:KsG4jpDf
作品名vs福笑い戦
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-08-22 (火) 20:16:47

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる登場
古泉一樹登場
鶴屋さん登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

SOS団の冬季合宿兼推理ゲーム開催場所、鶴屋家別荘。
推理ゲームの合間合間に行われるお遊び、今その真っ最中に私たちはいる。
福笑い。この国独特の、伝統的遊戯である。ルールを説明するまでもない。
涼宮ハルヒがニタニタ笑いで私たちの似顔絵を紙袋から取り出す。
最初に誰がやるかとの問いに、まず鶴屋さんが元気良く手をあげた。
目隠しをされた彼女は口をつんと出しながら、恐る恐るパーツを動かす。
「このへんかなっ? んん? それともこっかなあ?」
完成したそれはとても人の顔とは思えないパーツの配置であり、
その場の全員が爆笑の渦に巻き込まれた。本人にいたっては笑い死にしそうである。
次は古泉一樹である。目隠しをされてもその笑みを崩さずに、
「ここら辺ですか? 普段鏡を見ないもので、詳しい位置が解りません」嘘こけ。
完成品を見てしょぼくれた顔をする古泉一樹の隣で、彼が真面目な顔をしている。
緊張しているのだろう。何せ出来上がったものはノリ付けの上、部室に展示である。
彼は無言で目と鼻と口をスライドし続ける。ああ、そこは違いますよ、もう少し右!
その動作が非常にもどかしく助言でもしてやろうかと思ったが、それは無粋であろう。
鶴屋さんが笑い死ぬ一歩手前のものを完成させた彼。落ち込んでいる。
安心してください、日に三ミリずつ正しい配置に情報操作で直してあげますから。
その次は朝比奈みくるである。おどおどとその小さな手を動かす。
私は思う。目や鼻よりも乳のパーツを用意してあげた方が良かったのでは。
そうしてついに私の番がやってきた。私そっくりの可愛らしい頭部、
きれいな目、ちいさな鼻、おしとやかな口がそこにある。パーフェクト。
このときばかりは涼宮ハルヒを褒めてやりたくなる。素晴らしいセンスだ。
この愛らしい部品郡、どのように配置してもプリティフェイスの出来上がりではないか。
目隠しをする。見事な完成品を持って、彼に私への愛を再認識してもらわねば。
目隠しを取る。鶴屋さんのゲラ笑いを筆頭に団員の笑い声が部屋中に響きわたる。
私はさっぱり理解できない。この、眼下に広がる、ぶっさいくなのは、誰なのだ。
もういい、誰でもいいからホンジュラスに飛ばして気分を落ち着かせよう。
誰を飛ばすか考え、ちょうど朝倉涼子の顔が浮かんできたところで、年が明けた。ぁぁ。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:10 (1950d)