作品

概要

作者書き込めない人
作品名長門さんと悪ふざけ 5
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2006-08-22 (火) 13:27:49

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる不登場
古泉一樹登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中登場
谷口登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

……なんだ?状況がまったくつかめない……
俺の想像とはまったく違う光景が目の前に広がってる……
茫然自失でドアの前に立っている俺に誰かが声を掛けてきた。

 

「キョン……さっき長門さんが言った事は本当かい?」

 

国木田……長門が何を言ったのか分からないんだが……それを聞いてから判断させてくれ。
などと思っていると今度は阪中が話しかけてきた。

 

「あのね。長門さんがさっきココに来たのね。それでこう言ったのね……」

 
 
 
 

阪中の話はにわかには信じられなかった。
誰かためしに俺を殴ってくれ。それで眼が覚めるなら何発でもどんとこいだ。
……と数秒ほど現実逃避していたが、どうやら事態は待ってくれないらしい。
気付いたら目の前にハルヒがいたからだ。いつの間に来たのか分からなかった。
どうやら俺にSPの才能はなさそうだ……などと馬鹿なことを考えていると、
ハルヒは眼を伏せたまま小さくこう言った。

 

「キョンは……有希を選ん……だの?」

 

いつもの元気がない……まるで『あの世界』の長門みたいだった。
俺はハルヒと長門を交互に見ていた。途中視界の隅に古泉の顔が映ったが、
今まで見たことないほど難しい顔をしていた。
そりゃそうだろう。以前の古泉なら迷わず眼で『今はとりあえず涼宮さんを』と言っただろう。
世界が終わってしまう可能性があるからだ。だが今は違う。
今世界を改変できるのはハルヒだけではない。ハルヒの力がある限り、
長門も世界を改変することが出来る。そして俺はそれを体感した。
つまりどちらを選んでも世界は終わる可能性があると言うことだ。
史上最恐の修羅場だ。これが誰かの作り話なら作者は相当な修羅場好きに違いない。
しかしそんなことを考えている場合ではない。俺は何とか誤解を解こうとした。

 

「落ち着けハルヒ、長門。俺は長門とそんな関係になった覚えはない」

 

……言葉の上でもこんな否定語を使うのが気がひけるが、今はそうも言ってられない。
ハルヒは少しだけ元気を取り戻した顔をした。……コレはこれでかわいいな、などと考えていると、

 

「……そう。私と彼はまだ付き合ってない」

 

さすがに長門は落ち着いたか……って『まだ』?

 

「そう。私はあなたが好き。だから今から私と付き合って」

 

ちょ……長門さん落ち着いてください。ハルヒがまたすごい顔になってるし、
他の連中の顔も似たような感じになって……

 

「あなたは私の願いを聞いてくれるといった」

 

……はい言いました。

 

「不利益があっても最優先で聞いてくれるといった」

 

……それも言いました。

 

「だから私と恋人になって」

 

……確かに長門のお願いは叶えたいが……

 

「私のことが嫌い?」

 

それはない。断じて言える。2人きりで今の言葉を言われたら、
ワン切りよりも早く返事が出来る自信がある。だがこの状況では無理だ。
周囲から『さっさと決めろよヘタレ野郎』という視線が突き刺さる中では無理だ。

 

ハルヒか長門か……傍から見れば羨望あること山の如しだろうが、
今の俺は変な汗かきまくりだ……ハルヒも少しぐらい喋ってくれ。
とはいえここは意を決しなければなるまい。俺も男だ。
古泉のバイトがおそらく10倍増になるだろうが構いやしない。

 

「俺は……」

 
 
 

その瞬間、場にそぐわないものが聞こえた。女の笑い声。
笑いをこらえるのが我慢できなくなって吹き出しそうな声。
誰だこんな時に……むっとしながら見るとなんとそれは阪中だった。

 

というか阪中だけじゃなく、古泉も肩をすくめてやがる。
国木田もニヤニヤしてるし、谷口に至ってはチャックも開いている。
そして……俺には奴らの笑いの意味がよ〜く分かった。

 

違う意味で呆然とするハルヒ。そりゃハルヒには分からないだろう。
俺が今見てるものがハルヒの位置からは見えないからな……

 
 

……長門の掲げる……『ドッキリ』の看板が……

 
 
 
 

今回のドッキリの首謀者はやはり古泉だった。
奴は罰として喫茶店で全員に奢るハメとなった……というかそれ俺がいつもやってるのだが。
ちなみに長門と阪中と国木田は協力者らしい。谷口は何だったんだ?
あと俺も協力者だと名乗り出ることにした。長門との電話の内容について言及されたからだ。
おかげで俺も奢りが増えたわけだが、それくらいなら悲しいかなお安い御用だ。
そしてハルヒは『タチの悪いドッキリね』と怒りながらも、何処かほっとしたようだった。

 
 

そして団長様の機嫌が悪くならなくて一安心……と家に帰った俺に『返事を聞かせて欲しい』と
無口のかわいい娘さんから電話が掛かってきた話はまた後日…

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:02:10 (2732d)