作品

概要

作者ケット
作品名寒い、雪
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2012-01-23 (月) 22:30:48

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる登場
古泉一樹登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

「うーっ、さむ。てか雪ふってんじゃねーか」
 窓から見ると、外の強い風とみぞれは、硬く叩きつけるような雪に変わっていた。
 ハルヒが元気よく、薄手の上着一つで帰る。
 朝比奈さんと古泉も、一礼して部室を出た。
 閉じた本を棚に戻した長門は、当然のように出ようとした。
「おい、上着は?」
 この寒いのに制服だけ?いくら有機インター何とかでも死ぬぞ。
「涼宮ハルヒが、今朝の高気温で判断を誤り上着を着てこなかった。そのままでは72%の確率で病気になる。ゆえに彼女の記憶を操作し、私の上着を情報操作でサイズを合わせて着せた」
「おまえはどうすんだよ!」
「問題ない。私は病気にならない」
「そうは言っても、寒いだろ」
 呆れて言うと、長門はおれの腕を軽くつかみ、
「調整できる」
 と首筋に寄せた。確かに長門の周囲だけ、暖かい。便利なもんだ。
「でもなあ、見てるだけで寒いんだ」
 なんだか腹が立って、おれは自分の上着を長門に着せかけた。
「あなたは情報操作で温度を調節することも、身体免疫を調整することもできない。危険」
「おれの精神衛生のほうが危険なんだよ」
「理解不能」
「いいから着てろ。恥かかせるんじゃねーよ」
 それだけ言って、なんだか腹が立つままに昇降口を飛び出した。
 あっさりと長門に追いつかれる。
「私はあなたに寒い思いをして欲しくない」
 小さな、平板な声が耳に触れる。
 これは、長門の心なのか?だとしたら…自己満足だけ押しつけるのも、悪いか。
 そうだな…
「じゃあ、次の信号まで行ったら返してくれ。その次の信号で、また貸すよ」
「意味不明。でも、あなたがそれを望むなら」
 と、長門は表情を変えないまま、おれに歩調を合わせ坂を下りはじめた。

 


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:01:58 (1743d)