作品

概要

作者夜風
作品名かれーI うらがわ
カテゴリー長門SS(一般)
保管日2009-08-30 (日) 14:20:36

登場キャラ

キョン登場
キョンの妹不登場
ハルヒ登場
みくる登場
古泉一樹登場
鶴屋さん不登場
朝倉涼子不登場
喜緑江美里不登場
周防九曜不登場
思念体不登場
天蓋領域不登場
阪中不登場
谷口不登場
ミヨキチ不登場
佐々木不登場
橘京子不登場

SS

 

午後。私は小泉君、みくるちゃんとペア。
有希はキョンにタバスコカレーを・・・ふふふ。
「す、涼宮さぁん、顔が怖いですぅ・・」
「何か考え事でも?」
あ、顔に出ちゃってたみたいね。
確かあれは・・・

「じゃぁ作り方よ、材料はタバスコ1本、鷹の爪、ハバネロ、あとは・・・ママレモンでもいれましょう」
「・・ママレモンは食べ物ではない」
「うっ・・・そっ、そーね」
「手順は普通どおり?」
「そうね。ライスは500gあればいいでしょ。ルーはその3倍はかけなきゃね」
「了解した」
「あと他には・・・そうね、飲み物はバナナと赤パプリカとハバネロとそこにお酢をいれて100℃で熱したやつね。そこに・・・・」

「ふふふふふふふ・・・・」

「どう、どうしちゃったんですかぁ・・?」

「どうやら彼はまた可愛そうなことに・・」

こうして今日の活動は終わったのであった。

でも最後には、

「ハルヒ・・お前・・」

「ん?何よ(ニヤニヤ)」

「・・・・・なんでもない・・」

的なことはあったけどね。

今日。
私は上機嫌・・ではなかった。
きっと有希はキョンに好意をもってる・・。

「日頃のお礼なんてしなくていいと思うけどねー」
「彼には感謝している」
「・・・・そうなの?」
「彼には図書館に連れて行ってもらったりした」
「ふーん・・・もしかして有希、キョンの事好きなのー?」
冗談のつもりだったんだけど・・。
「分からない。少なくとも私は彼に好意を寄せているというのは確か」
「えっ・・・・?」
「・・・・・・」
びっくりしちゃったわよ。ホントに。
私はとっさに言ったわ。
「なら・・・私は応援するわ・・・」
ならなんでわざと激辛レシピを教えた?
何故?
それは・・・キョンに嫌がらせを・・・・
何故?
私は・・・2人に喧嘩してほしかったの?
何故?
私は・・2人を引き剥がしたかった・・?
何故?

分からないわ・・分かるわけ無いじゃない。
愛なんて精神病の一種なのよ・・・。
私は・・私は・・・。

ふん!もういいわ。気にしない気にしない!

明日も楽しく活動よ!!!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:01:34 (3094d)