FrontPage > 対長門キョン語録


 

見出しの一覧

このページについて

  • キョンの長門に対するコメントを作品内の時系列でピックアップしたものです

憂鬱 5月 GW明け以降

  • (憂鬱P 52)変な女だった
  • (憂鬱P 53)整った顔
  • (憂鬱P 53)出来れば眼鏡を外したところも見てみたい
  • (憂鬱P 53)最初から何の感情も持たないようなデフォルトの無表情
  • (憂鬱P 54)まるで無感動な応答
  • (憂鬱P 56)無気力な仕草で眼鏡のブリッジに指をやって、無気力な声を発した。
  • (憂鬱P124)変な奴だとは思っていたが、ここまで変だとは想像外だった
  • (憂鬱P124)情報統合思念体?ヒューマノイド・インターフェイス?アホか
  • (憂鬱P125)ちょっとばかし寂しげに見えたのはおれの錯覚だろう
  • (憂鬱P126)どうせ教室でも誰とも話さず自分の殻に閉じこもっているに違いない
  • (憂鬱P126)笑えばあいつだってかなり可愛いと思う
  • (憂鬱P197)「(眼鏡を)してない方が可愛いと思うぞ」
  • (憂鬱P198)長門を置き去りにしてでも、さっさとこの場を立ち去るべきだった
  • (憂鬱P205)長門もいるだろうし、何かあればあいつがなんとかしてくれるさ
  • (憂鬱P215)「長門、昨日はありがとよ」「やっぱり眼鏡はないほうがいいぞ」
  • (憂鬱P223)こいつも飯食うんだな←P154で長門がチーズバーガー食べてるのに
  • (憂鬱P295)図書館の話はしないことにした

退屈 6月 野球

  • (退屈P 9)いてもいなくても同じような奴
  • (退屈P 33)長門はたぶん驚くという感情がない
  • (退屈P 34)長門に期待するほうが間違いだ
  • (退屈P 62)今日のMVPは長門有希で決定だ

退屈 7月 笹の葉ラプソディ

  • (退屈P 79)無口で無愛想な宇宙人モドキ
  • (退屈P 79)長門なら線型文字Aで書かれている碑文でも平気で読むだろう
  • (退屈P125)「ありがとよ、長門」
  • (退屈P125)まさか時間まで止めてしまうとは思いもしなかった。無敵じゃないか、それって

退屈 7月 ミステリックサイン

  • (退屈P140)あいつはこの部屋の付属物みたいなものだから人数に入れなくていいのさ
  • (退屈P157)もし長門が不意打ちのように悲しそうな顔でもしたら俺はこの場で腰をぬかすかもしれない
  • (退屈P159)(長門と古泉に)「いいコンビだ。付き合うといい。長門に読書以外の趣味も教えてやれ」

退屈 7月下旬 孤島症候群

  • (退屈P220)いざとなれば怪獣退治くらいならこいつがしてくれるだろう。頼むぞ、宇宙人。
  • (退屈P224)長門のひんやりした無表情が、とても頼もしく見えた
  • (退屈P240)俺がルームメイトに名乗りを上げたところで長門は気にしないだろう
  • (退屈P262)長門ならピッキングの一つくらいやてのけてくれそう
  • (退屈P264)長門の細い足
  • (退屈P269)俺とハルヒに危険が降りかかるようなら、長門だって黙って座っていたりはしない
  • (退屈P282)古泉のように意味もなく笑っていろ。絶対その方がいい
  • (退屈P298)あいつなら死亡時刻ジャストを秒単位で教えてくれるだろう

暴走 8月 エンドレスエイト

  • (暴走P 14)こいつに出来ないことが何なのか、逆に知りたい
  • (暴走P 61)頼りになるのはお前だけ
  • (暴走P 61)こいつがアプローチをしかけてきたのは、おれが長門のマンションに連れて行かれたあの一回だけ
  • (暴走P 62)俺にとっての長門有希は、本好きで無口で色々頼りになる小柄な同級生の少女で仲間だ
  • (暴走P 62)SOS団メンバーの中で、最も博学で、しかも実行力も兼ね備えていると言えば長門なのだ
  • (暴走P 83)恐ろしく貴重なことに長門はいなかった。顔には表わさなかったが、あいつもやっぱり疲れてたのかもしれない

溜息 11月 映画制作

  • (溜息P 22)設定のキテレツさ加減ではハルヒ以上
  • (溜息P 22)ハルヒは最初から最後までワケ解らんが、長門は中途半端に解るだけ余計な混乱を誘う
  • (溜息P 22)無口・無表情・無感情・無感動のないない四拍子
  • (溜息P 29)長門はブレストの役にはまったく立たない
  • (溜息P 58)じゃあ次点の長門にしておくよ
  • (溜息P 58)あいつは確かに普通ではないかもしれないが、それなりに普通であるところも―まあ、あんまりないな
  • (溜息P 68)ハルヒ以上に考えのつかめない女だな、こいつは
  • (溜息P 83)こんなロボットみたいな奴
  • (溜息P 95)こいつはあれか、この部屋にいるときは本を読んでないと死ぬのか?
  • (溜息P107)長門ならどこでも平気な顔で着替えの一つぐらいしそう
  • (溜息P108)長門なら銃口を額に押し当てられた状態で引き金を引いても素で避けそうだ
  • (溜息P109)眼鏡なしになったのに凄い視力も相変わらずだな
  • (溜息P109)瞳孔開きっぱなしで歩こうが天井をぶち破ろうが瞬間移動しようが、もう俺はちっとも驚きやしない
  • (溜息P138)「いつも思うんだがな、お前の説明は必要最小限にも達していないんだよ」
  • (溜息P142)俺は長門に命を救われてばかりだな
  • (溜息P161)あの無口な読書娘よりはまだ朝倉涼子の方が消えて惜しまれる存在だったぜ
  • (溜息P167)そいつに日常会話をしむけても無益なだけだぞ。イエスかノーか、それとも理解不能な一人喋りを始めるかだ
  • (溜息P170)長門の淹れたお茶は味気ない
  • (溜息P178)長門に噛まれるなんて不気味だ
  • (溜息P199)長門はそうだろうよ。あいつはいつだって無感想なのさ
  • (溜息P221)長門に知らないことなんかないんだろう
  • (溜息P230)こいつばっかりは半年経っても考えてることがさっぱり解らない
  • (溜息P250)この冷静な宇宙人だけは嘘を言いそうにない
  • (溜息P251)古泉も長門も、もっと他人に解りやすく話してくれよ。わざと難しく言ってるんじゃないかと思うね

動揺 11月 ライブアライブ

  • (動揺P 26)長門のあまりにメロディアスなギターテクニックに驚嘆
  • (動揺P 28)ギタリストがめちゃめちゃ巧い

動揺 11月 朝比奈ミクルの冒険

  • (動揺P 75)(「彼女ではなくわたしを選んで」と演技する長門に)それは本当にイツキにのみ投げかけているセリフで合っているのか?

暴走 11月下旬 射手座の日

  • (暴走P 95)長門がぼんやり本を読んでる姿は何よりの平穏の証だ
  • (暴走P102)黙ってて問題のない奴は、やっぱり黙ってたほうがいいものさ
  • (暴走P117)パソコン四台と長門ではスペックに開きがありすぎるぞ
  • (暴走P119)谷口によると長門はけっこうな隠れ人気者であるらしい
  • (暴走P121)どんな裏技を使おうと、長門の裏をかくのはそう簡単なことじゃないんだぜ
  • (暴走P160)長門にしては解りやすい説明だ
  • (暴走P164)今度面白そうな本を買ってきてプレゼントしてやるよ
  • (暴走P165)普通の人間シバリを付けたとしてもこいつはやはり尋常ではないよな
  • (暴走P169)存在している段階ですでにアンフェアな長門有希
  • (暴走P175)俺は長門の表情を読むことにかけては誰よりも自信を持っているつもりだ
  • (暴走P177)(長門のレンタル料が)分給千円なら俺が買って出たいね

消失 12月

  • (消失P 20)春からのハルヒの変化よりも長門の変化の方が重要に思える
  • (消失P 45)まっさきに思い出したのは長門の顔だ。あいつなら事情を説明してくれる
  • (消失P 45)いつでもあいつはすべてを解決してくれた。長門のおかげで俺は生きていると言っても過言ではない
  • (消失P 56)改めて思うが長門は眼鏡のないほうが見栄えがするな
  • (消失P 56)なぜ驚くんだ。そんな感情から一番離れているのがお前の特色じゃなかったのか
  • (消失P 58)長門でダメなら誰も頼れないことになる。生まれたてのツバメの雛が親鳥に見捨てられたようなものだ
  • (消失P 59)この普通の人間のようなリアクションは何だ
  • (消失P 63)ああ…長門。これはお前ではないんだな。お前が顔を紅潮させて困ったように目を泳がすことなんてないものな
  • (消失P 77)長門だけに、この間違っている世界でもどこか奇妙なのは変わりなしか
  • (消失P 79)もともと長門とは会話が成立しにくい。それはこの長門でも変わりがないようだった
  • (消失P 81)これは俺がすっかり馴染んだお前からのプレゼントでいいんだよな?
  • (消失P 84)そんな長門はちょっと―いや、かなり可愛かった。一瞬だけだが、このまま文芸部に入部してハルヒのいない世界を楽しむのも悪くないかなと思ったほどだ
  • (消失P 98)長門の明確な意思表示なんて普通だったらまず見れない。希少価値がある
  • (消失P 99)長門は俺をじっと見つめ、それから……。薄く、だが、はっきりと微笑んだ。目眩がした
  • (消失P100)(長門を)嫌いなわけはない。好きか嫌いで言えば前者だが、もともと嫌いになる理由なんかまったくない。命の恩人でもあるのだ
  • (消失P154)俺はあの長門に全幅の信頼を寄せていたし、今も寄せている。あいつのやることに間違いがあるとは思えない
  • (消失P155)あいつの言葉を疑うくらいなら俺は自分の頭を疑うさ
  • (消失P184)長門ならなんでもありだ。この状況だって何とかしてくれる。でなきゃ、困るんだ
  • (消失P188)長門大明神様、俺からも頼むよ
  • (消失P189)いったいこの世の誰が長門に太刀打ちできるのか。ハルヒくらいだ
  • (消失P190)聞き慣れた静かな声だ。赤ん坊時代にきいたオルゴールのサビのように、俺の心に染み渡る
  • (消失P196)まるで蚊だな
  • (消失P199)背筋を伸ばしてキリリと立つ長門の姿が、やたらと寂しげに見える
  • (消失P204)あの長門は嘘を吐かない。いつだって生真面目な顔で俺たちの側にいてくれた……
  • (消失P209)責任は俺にもある。ついつい長門任せにする癖のついていた俺の依存心。長門なら何とでもしてくれるだろうと考えて、そこで思考停止していた愚か野郎。
  • (消失P209)バグだと?エラーだ?うるせえ。そんなもんじゃねえ。これは長門の望みだ。こういう普通の世界を、長門は望んだのだ
  • (消失P215)「すまない、長門。俺は今のお前じゃなくて、今までの長門が好きなんだ。それに眼鏡はないほうがいい」
  • (消失P216)「元に戻ってくれ。また一緒に部室でなんかやってようぜ。言ってくれたら俺もお前に協力する」
  • (消失P216)「こんな要らない力を使って、無理矢理変わらなくていい。そのままでよかったんだよ」
  • (消失P217)俺は俺のハルヒと古泉と長門と朝比奈さんを取り戻す
  • (消失P219)嘘だ。長門が望むはずはない。思い通りに鳴かない鳥はいっそ殺してしまえなんて思ったりしない
  • (消失P243)「くそったれと伝えろ」
  • (消失P243)「お前が消えるなり居なくなるなりしたら、いいか?俺は暴れるぞ。何としてでもお前を取り戻しに行く」

動揺 12月下旬 ヒトメボレLOVER

  • (動揺P106)これは意外だった。てっきりハルヒか朝比奈さんのどちらかだろうと思っていたのに、よりによって長門とはな
  • (動揺P107)俺なんか初対面時には無口で風変わりな部室のアンティークドールくらいにしか思ってなかったのに
  • (動揺P107)俺の長門に対する印象はこの半年間で大きく様変わりしている
  • (動揺P109)(図書館に行った)あの時に比べたら今の俺は長門のことを百倍以上もよく知っている。知りすぎちまったかと反省しているくらいだぜ
  • (動揺P110)長門を指して変じゃないというのも違和感ありありだ
  • (動揺P113)(中河の長門への気持ちを聞いて)俺は小さく舌を打った
  • (動揺P117)必要な時にそこにいなかったためしのない宇宙人製アンドロイド、それが俺の知っている長門有希である
  • (動揺P118)長門は体温を感じさせない等身大フィギュアのように
  • (動揺P118)眼鏡なしのほうがいいと言ったのは俺で実行し続けているのはこいつだ
  • (動揺P119)「お前に惚れたとぬかす身の程知らずが現れた」
  • (動揺P119)氷の色をした瞳ではあるものの、俺を見るときに限っては雪解け水くらいに温まっているように感じる
  • (動揺P122)俺は長門が中河でも誰でもいい、他の男と睦まじげに歩いている姿など見たくはないのである
  • (動揺P123)余計な男が俺たちの間に割り込んでくるのは率直に言ってムカが入る
  • (動揺P130)長門以上に騙されにくい存在など銀河レベルでもそうはいない
  • (動揺P135)長「会ってみてもいい」誰もが絶句するようなことを呟き、とりわけ俺が顎をガクリと垂らして(ry
  • (動揺P139)長門すらけっこうな内面変化を遂げたというのに
  • (動揺P148)一目惚れするんだったらどう考えてもこっち(朝比奈さん)だ
  • (動揺P149)(長門と中河の試合を見にいくのが)何か、気に入らん
  • (動揺P158)(長門と中河を会わせるのは)実を言うとあんまり気は乗らなかった
  • (動揺P163)中河に好かれて長門が幸せになるかどうかは解らない
  • (動揺P170)俺がリリーフエースをやって三者連続三振を記録できる程度には長門は芸達者なのだ
  • (動揺P185)(SOS団の仲間と)共有する思い出がいくつもあるが、長門が絡んでいた事件は特に多くてほとんどすべてだったと言える

暴走 12月30日 雪山症候群

  • (暴走P185)先頭を歩く長門が帰り道を発見できずにいるのだから、これは相当おかしなことだ
  • (暴走P187)長門の力をもってしても行き先が見通せないとは、いったいこれはどうしたことだ?
  • (暴走P191)安心材料がどこかにないかと見渡して最初に目が止まったのは長門の無表情顔である
  • (暴走P192)今度だけでも長門に負担がかかるような事態にはさせないようにしよう。いや、せにゃならん
  • (暴走P197)長門だけがほんの少し睫毛を動かしたような気はした
  • (暴走P200)長門の成績なんかあえて語るまでもないだろう
  • (暴走P216)長門も未経験者に違いないがプロスキーヤー以上の腕前を見せることを俺は半ば信仰していた
  • (暴走P224)こういうときに頼りになるのは長門だった。俺としては不本意なのだが命には代えられない
  • (暴走P230)古泉たちが長門を出し抜けるとは思えない
  • (暴走P230)長門は俺にだけは嘘を言わない
  • (暴走P238)長門ばかりを眺めている自覚なんか心情としてまったくない。せいぜいいって朝比奈さんと合わせてロクヨンくらいの割合
  • (暴走P238)例の消失の件からこっち、俺が長門をそれなりに気にしてるのはハルヒの読み通り
  • (暴走P238)(長門を気にしていないと)言葉の上だけでも否定語を使用するのは俺自身が気にする
  • (暴走P238)俺と長門は本当に『ナニかあった』ことにされてしまう恐れがある。実際に何かがあったことは確かだから、咄嗟に完全否定するのも難しい
  • (暴走P241)(「有希は大切な団員なのよ」というハルヒの)そのセリフが聞けただけでも俺は満足だよ
  • (暴走P242)(ハルヒに)「長門が誰かに無理矢理連れて行かれようとしてたら、好きなように暴れてやれ。その時は俺もお前に加担してやる」
  • (暴走P243)長門が無謬性の塊ではないというのは織り込み済みだ。今の俺はそれを知る側にいる
  • (暴走P245)(古泉と比較して)長門が正しいに決まっている。お前が途中で居眠りをしたか桁を間違えたかしたんだろ
  • (暴走P245)(朝比奈さんと比較して)そりゃあ……。やっぱり長門の方が合っていると思うのだが
  • (暴走P246)吹雪で変な形になっていた髪型はすっかり乾いて元に戻っていた。雪よりは暖かみのある白い肌だ
  • (暴走P252)こいつにも解らないなんて言語を絶する現象がハルヒがらみ以外にあったとは
  • (暴走P256)ちまちまとした食べ方は本来のこいつのものではなかった
  • (暴走P268)俺は二度まで朝倉に襲われ、二度とも長門に救われたのだ
  • (暴走P273)あいつに余計な負担はかけさせたくない
  • (暴走P285)長門が気絶するように倒れた衝撃から立ち直れていない。あり得ない光景だった
  • (暴走P285)ちくしょう。長門にはしばらく平和な人間的生活を味わわせてやりたいと思っていたのに
  • (暴走P293)長門を熱出して倒れるまでにした奴を俺は許しちゃおかん。そんなゲロ野郎の目論みに乗ってなどやるものか
  • (暴走P306)「俺は長門を信じる」
  • (暴走P322)いつ寝てるのか、そもそも寝る必要があるのかどうかも解らないが、この際である。思う存分睡眠欲を満たすべきだ
  • (暴走P322)長門が夢を見ることが可能なのだとしたら、せめて今宵だけでもいい夢が舞い降りろ

動揺 大晦日 猫はどこに行った?

  • (動揺P218)長門は古泉が考え出したようなカラクリなど最初から見抜いているに違いない

陰謀 1月2日 消失再改変

  • (陰謀P 14)連絡しなくても解ってくれてそうな気もする
  • (陰謀P 15)俺が長門を誰かと間違えたりはしない
  • (陰謀P 19)長門のものなら、大概の依頼を聞いてやるつもり充分
  • (陰謀P 19)長門の願いを断るくらいなら水面に映った月をすくい上げる作業のほうを選択する
  • (陰謀P 22)我が長門
  • (陰謀P 22)(噛まれる必要が無くて)何故か残念な気もするが
  • (陰謀P 26)傷を治してくれたのはやはりこいつだったのか
  • (陰謀P 27)どの長門にだってこんなもんを向けて撃ちたくはない
  • (陰謀P 27)長門が二つになって相対するところははじめてであり、妙な感慨を持たされた
  • (陰謀P 29)俺の長門
  • (陰謀P 29)俺ほど長門の言いたいことを分かってる人間は他に居ない
  • (陰謀P 31)(元・消失長門からは)寂しそうな印象を受けた
  • (陰謀P 34)(冷めた長門のお茶を飲んで)やけにうまい。風呂上りの麦茶並みだ。部室で飲む朝比奈さんのお茶にも匹敵するぜ。

動揺 1月 朝比奈みくるの憂鬱

  • (動揺P258)長門に味覚があるかどうかも怪しい
  • (動揺P288)古泉だろうが長門だろうがホイホイと世話になるのは、もう慎んでいたいんだ
  • (動揺P297)(朝比奈さんとの秘密のデートがみんなにバレた後)長門のいつもよりそっけない無表情

陰謀 2月

  • (陰謀P 40)俺は長門のこともあって内心忸怩たるものを感じていた
  • (陰謀P 52)学内福娘コンテストを開催すればぶっちぎりの優勝と審査員特別賞が与えられるだろう二人
  • (陰謀P 52)長門はこの手の追儺儀式には実務的な意味でぴったり
  • (陰謀P 64)俺は長門の表情と朝比奈さんの真贋を見分ける術なら誰よりも高度なスキルを持つと自負している
  • (陰謀P 67)長門、感謝するぜ
  • (陰謀P 95)俺たちのことを解ってくれている希有なる存在にしてSOS団の陰の実力者
  • (陰謀P 96)(長門の家に)俺も寝間着を持ち込みたい
  • (陰謀P 97)あいつなら自分の十センチ横でラリッた薬中が裸踊りしてようがピクリともしないと思う
  • (陰謀P 97)最小限の言葉で言いたいことが伝わるというのが長門のいいところ
  • (陰謀P 99)ぜひ寝室を眺めてその有り様を確かめたい
  • (陰謀P 99)もし長門の寝室がファンシーだったら、俺は長門に関するあらゆる一切の前提条件をゼロにして一から情報構築を再開しなければならない
  • (陰謀P100)長門は俺の期待をあっさりと裏切ってくれた
  • (陰謀P101)俺は顎を垂らすしかない。長門が自意識を語っている。ひょっとして俺は今、長門に説教を受けているのか?
  • (陰謀P103)長門は足掻いたはずだ。こいつは自分がエラーを起こすことを知っていた。そうならないように努力したであろうことは疑問形にする労力も惜しいぜ
  • (陰謀P103)悪いのは俺だ。長門が変化しているのを感じながらそれ以上何も考えなかった俺が原因なんだ。こればっかりは誰にも背負わせたくない精神的荷物だ
  • (陰謀P107)五人分はありそうなデカい缶をそのまま鍋で温めるだけという調理には、何とも言えない長門らしさが感じられる
  • (陰謀P108)手料理でないのは少々残念だった
  • (陰謀P110)いざとなったら長門に時間凍結してもらえばいいのだ
  • (陰謀P111)長門の力がなければ、当然今よりもっと困り果てることだってあるだろう。だが、それがどうしたというんだ?
  • (陰謀P111)(消失長門の)あの控えめな微笑をもう一度見たかった
  • (陰謀P117)たいていの人間は長門と二人きりで密室に閉じこめられたら落ち着きをなくすだろう
  • (陰謀P118)一番何かしてくれているのは長門だろ。俺は何度もお前に命を救われたし、たいていの事件で頼りになってくれたのもそうなんだ
  • (陰謀P118)朝比奈さんや古泉が役立たずとは言わないが、お前がいなけりゃどうにもならなかったことのほうが多いぜ
  • (陰謀P118)ありゃ仕方のないことだった。誰が悪いってんなら俺と情報統合思念体とやらに責任を押し付ければいい。お前一人が背負い込むことじゃないんだ
  • (陰謀P123)何があろうと長門は俺や朝比奈さんを守ってくれるだろうし、俺も長門や朝比奈さんを守ってやりたいと思う
  • (陰謀P126)間違っても長門が朝比奈さんに危害を加えるようなことはない
  • (陰謀P126)去年の思い出には常にSOS団の刻印がどこかにある。中でも一番の働き者だったのが長門だった
  • (陰謀P127)(SOS団専属メイドのような)そういうポジションに長門がいたら、それはそれで悪くない
  • (陰謀P128)長門には長門のよさがあって、それで充分
  • (陰謀P159)長門のことだから、ひょっとしたらもう知ってるかもしれん
  • (陰謀P160)(長門と電話していて)細い声が耳に届いた。録音機能を作動させておきゃよかったと思うくらいの、心地よさを与える響きだ
  • (陰謀P186)ハルヒといい、朝比奈さんといい、それから長門はいいほうにだが、どうにも俺の調子を狂わせるなあ
  • (陰謀P218)クジの行方を操作することくらいなら、今の長門でもお茶の子だろう。頼めばそうしてくれる
  • (陰謀P234)拝んだら宝の在処を教えてくれそう
  • (陰謀P243)遠慮なくパクパク食べる長門の食欲も安心感をそそられる
  • (陰謀P249)隅っこ好き宇宙人
  • (陰謀P249)(朝比奈さんと長門を指して)ジャンルの違う女神
  • (陰謀P262)もしや俺の知らない誰かとひそやかなサイドストーリーを進行させていたのかと心配になりかけた
  • (陰謀P269)長門と朝比奈さんという両手に花状態
  • (陰謀P280)長門が依頼を忘れたりしくじったりするとは思えず、俺は安心してまっ先に即席クジを引いた
  • (陰謀P281)二人きりでいてずっと黙りっぱなしでも気詰まりにならずにすむ相手というのは貴重だ
  • (陰謀P281)これがハルヒか古泉なら何たくらんでんだと勘ぐるところだが、その点、長門なら折り紙付きだ
  • (陰謀P281)違うのは長門がすでに図書カードを持っていることくらいだろう。あと眼鏡。
  • (陰謀P283)俺の後ろに長門以外の背後霊でもついているのかと
  • (陰謀P285)(長門さんだって怒りますと言われて)いやいや、長門は別にそんなに怒っては―
  • (陰謀P293)(未知の未来人と対峙して)くそ、長門も連れてくるんだったぜ
  • (陰謀P303)長門に包み隠すことなど何もない
  • (陰謀P317)どれが正しいもへったくれもあるもんか。長門の教えてくれた訓辞その一である
  • (陰謀P319)一度言ったことを長門は忘れたりしない。違えることもないだろう。俺も見習わなければならん
  • (陰謀P319)長門相手の約束は死んでも守ってやるつもりだ
  • (陰謀P321)「ありがとよ、長門」
  • (陰謀P322)「また長門に教えられたな」
  • (陰謀P333)長門には及ばないかもしれないが、俺だって確固たるものを得るには充分すぎる時を過ごしたんだ。もう自分の立ち位置を見誤ることはないさ
  • (陰謀P354)今は早いとこ長門の顔を見て安心したかった
  • (陰謀P358)(もうちょっと朝比奈さんをおんぶしていたかったが)長門の目もあるので下ろして差し上げる
  • (陰謀P364)(長門「わたしは恐れない」)お前の言うとおりさ長門。俺も同じ意見の持ち主だ
  • (陰謀P408)きっとその時、俺の横には長門がいて、古泉がいて、朝比奈さんがいる
  • (陰謀P412)こうなれば頼みの綱を使うしかない。ここにはクジ引きの女神が居合わせている
  • (陰謀P413)さすがは長門、あっさり俺の願いを叶えてくれた
  • (陰謀P421)長門の機転に感動を覚えるほうが先だな。その時間稼ぎのおかげで助かったよ

憤慨 3月 編集長★一直線!

  • (憤慨P 10)(長門と古泉を見て)意外性あふれるカップリング
  • (憤慨P 10)長門が誰かと二人きりで行動していたとして、相方に納得がいくような組み合わせなど思いつかない
  • (憤慨P 13)長門は何を言っても黙って聞いてくれるだろうから説教する相手としては適任だ
  • (憤慨P 14)ハルヒに引きずられて飛び込んだ部室で、ゆっくり顔を上げた無表情は今でも忘れがたい
  • (憤慨P 16)もちろん、俺は長門に迷惑をまったく感じていない
  • (憤慨P 17)長門が望むなら同伴するにやぶさかではない
  • (憤慨P 17)いっそ長門一人で行かせたほうが相手もビビるんじゃないか
  • (憤慨P 23)(学期末試験の想定問題集作りに)長門をスタッフに加えるのもいいな。一部五百円くらいで売りさばけるデキを期待できる
  • (憤慨P 32)長門の横顔からはどんな自己主張も感じられない。だがそれは素人の意見だろう
  • (憤慨P 37)(怒ってる長門を見て)まさか世界を再構成したりはしないだろうが、この会長の記憶をすっ飛ばして操り人形にしてしまうくらいはやっちまうかもしれない
  • (憤慨P 50)(消失長門を)こんなところで思い出したくはない。夜見る夢の中に出てくるだけで充分だ
  • (憤慨P 66)長門に関しては俺の中にも思い出がいろいろある。それは出来れば秘めておきたいことのほうが多い
  • (憤慨P 74)どうやら頭にある情報を言葉に置き換えるのはあまり得意ではないらしい。無口なのはそのあたりに理由の一片があったのか
  • (憤慨P 74)(嫌がる長門に)「いいじゃないか、少しくらい」
  • (憤慨P 85)長門の書く文章ならいくらでも読んでみたいさ
  • (憤慨P 90)長門が恐怖を感じる対象なんかがあるとしたら、俺にしてみりゃ最大最凶の恐怖となるだろう
  • (憤慨P 91)長門なら宇宙的なものをさらりと書いてしまうかもしれない。なんせ宇宙人だ
  • (憤慨P 97)さすが長門、わけのわからないものを書いてくる
  • (憤慨P105)(長門の小説について)そのうち二人だけになったときにでも、いろいろ問いただそう
  • (憤慨P110)どんなに声をひそめても長門相手に隠し果たせることが可能だとはまったく思えなかった
  • (憤慨P123)無題1、2、3の自作解説を長門に頼みたいくらいであったのだが、なんとなく何も訊かないほうがいいようにも思え
  • (憤慨P145)文芸部のため、ひいては長門のため―ってんのならハリキリもするが
  • (憤慨P146)俺はあいつに平穏な学生生活を満喫してもらいたいと考えている
  • (憤慨P146)この部屋の片隅で、静かに本を読んでいる長門を眺めて心の平穏を呼び起されるのは俺だけではないと信じたい
  • (憤慨P147)長門の動かない姿を見て心を安らげようと思った
  • (憤慨P153)俺のパソコン内部を盗み見するくらいなんぞ楽勝だろう

憤慨 3月 ワンダリング・シャドウ

  • (憤慨P168)長門か朝比奈さんが試合してないかと思って見たのだが、体育館には二人の姿はなかった。ちょい残念
  • (憤慨P171)長門に訊けば試験問題と模範解答をまるごと教えてくれそうだった
  • (憤慨P175)長門の情報操作や、古泉の組織を使えばたいていのことはできる
  • (憤慨P180)そういや長門とガチでこの手のゲームしたことないな。わざとでもない限り、俺に勝ち目はなさそうだが
  • (憤慨P196)そのそっけないほどに白い顔にあったのは―ここは自慢したいところだ―俺にだけは解る表情の変化だった
  • (憤慨P232)長門がそれに気づかないはずはなく、長門が気づいたということを俺が感づかないこともない。つうか、長門ならそれとなく教えてくれるはずだ
  • (憤慨P239)長門の無言が心地よい。こいつが何もないと言うからには絶対的に何もなかったのである
  • (憤慨P253)さすがの宇宙人もゴッドハンドの持ち合わせはなかったか
  • (憤慨P256)その顔を見て俺は直観した。やはりな。長門には解っていたんだ
  • (憤慨P260)危うく吸い込まれそうになるくらいに透明な瞳
  • (憤慨P264)長門の雰囲気が変化したのを俺は見て取った。誰が気づかずとも俺には解る
  • (憤慨P265)「可能」そう言ってくれる長門がひたすら頼もしい
  • (憤慨P269)(ベルトを掴んでキョンを引き止めた長門に)せめて声をかけるとか、あるいは袖口を引っ張るとかしてくれないかな。俺としては後者を希望したいところなのだが
  • (憤慨P272)長門が無口属性を持っていてよかった
  • (憤慨P273)長門の手腕に疑問を持つ余地などないさ。必ずルソーを救ってやれる
  • (憤慨P288)長門を人型端末と呼びたいならそうするがいいさ
  • (憤慨P288)長門に関しては心配無用だ。今のあいつほど強い自己意識を持っている存在はないと俺が太鼓判を押してやれる
  • (憤慨P290)長門は獣医でもアロマセラピストでも占い師でもなく、将来は司書になるべきだ

分裂 4月

  • (分裂P 10)無言というなら御神体レベルに無言の輩
  • (分裂P 10)SOS団の誇る神秘なる宇宙的秘密兵器
  • (分裂P 12)美容院とは無縁そうなショートヘア
  • (分裂P 15)宇宙人の知り合いならできた
  • (分裂P 19)長門に聞かれて困る話なんてCIAかNORADの上層部しか知らないような情報くらいだ
  • (分裂P 22)(喜緑さんと)言語に頼らない会話方法を習得済なのかもしれない
  • (分裂P 30)(クラブ紹介で催眠術じみた説法を行った長門について)長門有希恐るべし
  • (分裂P 35)(長門の凄さを語るコンピ研部長氏に)そんな長々と俺に言われても、それが長門だとしか言いようがないな
  • (分裂P 36)(古泉に見られて)残念ながら俺は長門と朝比奈さんのアイコンタクトは受け付けても男に見つめられて意図を理解するだけのスキルはないぜ
  • (分裂P 49)微風のような声
  • (分裂P 56)(魔女ルックで読書にふける長門を)一応写真に撮っておきたい光景だ
  • (分裂P 59)長門が自分の蔵書を手放すとは思えない。家の自室に置いてある本だって一冊たりとも失いたくないはずさ
  • (分裂P 79)(ハルヒが文芸部の部費を使わないように)長門のためにも見張っておかなければ
  • (分裂P 93)朝比奈さんや長門は遊びや観光目的でこの世にいるわけじゃない。もうちょっと遊んだ方がいいくらいに思うね
  • (分裂P 96)クールフェイスとミュートモードにした唇を不変のものとしていて、俺を意味なく安堵させてくれる
  • (分裂P100)まさかあんなにややこしいことが発生するとはたぶん長門にも予想外だっただろう
  • (分裂P107)いつ来ても俺たちより早く部室にいるが、こいつは掃除当番になったことがないのだろうか。ありえる
  • (分裂P131)(九曜を見て)長門が野外に放置していた氷なのだとしたら、こいつはドライアイスだった
  • (分裂P141)ようやく解った。長門の感情変化を読み取るまで鍛えられたと自負していた俺の眼力が、まだまだ中級レベルだったということを
  • (分裂P147)俺も長門か朝比奈さんと示し合わせてオクラホマミキサー踊りながら来てやる

α

  • (分裂P174)もし九曜が長門にとって危急存亡を告げる死神か何かなのだとしたら、さしもの長門も黙ってじっとしているわけはない
  • (分裂P227)統合思念体にはつけたいイチャモンが数々あるが、インターフェイスの作成センスだけは認めてやろう
  • (分裂P227)(あなたと涼宮ハルヒに危害は加えさせないと長門に言われて)誰のどんな言葉より頼もしいぜ
  • (分裂P228)九曜だろうが天蓋領域とやらの他の何かだろうが、お前をどうにかするような真似は絶対許さん。守られっぱなしってのは面白くないんでな
  • (分裂P228)沈黙がこれほど安心感を生むとはね
  • (分裂P266)(気になる一年生の女子を見て)背丈は長門くらい、体重は長門より軽いだろう

β

  • (分裂P167)(長門に電話して)俺はこの番号を明晰に記憶している
  • (分裂P167)(長門に電話して)応答はロクになかったが、沈黙の気配でそれが誰かくらいすぐ解る
  • (分裂P168)長門の言うことだけに説得力がある
  • (分裂P181)長門がダイヤモンドダストだとしたら、九曜は牡丹雪のイメージ
  • (分裂P195)古泉はまだしも、長門を怒らせるような事態を引き起こしたら、連鎖反応でハルヒも激怒する
  • (分裂P209)朝比奈さん誘拐犯や長門を倒れさせたやつらに与することなど、あり得ないにもほどがある
  • (分裂P217)(喜緑さんが九曜を観察してたことについて)これが長門だったら九曜相手に融通がきかなそう
  • (分裂P251)おそらく年間三百冊くらい読んでる地球産書物大好き宇宙人インターフェイス
  • (分裂P251)たとえ後輩ができたとしても日常的に透明バリアを張っている長門が喜ぶとも思えん
  • (分裂P251)なんかの記念日に図書カードでも送ったほうがいいか
  • (分裂P251)(部室に一番乗りして)一抹のうら寂しさを感じつつ、はて何でそんなもんを感じるのかと考えて、ハタと気づいた
  • (分裂P289)この焦燥感は何だ。長門が部室にいない―ただそれだけのことなのに……
  • (分裂P291)(長門が欠席していたことを)知っていたら今頃こんなところでのうのうとお前の作ったアホ掲示物なんぞ見たあげく連珠などで時間つぶしもやっていない
  • (分裂P291)(長門の担任が長門の欠席を教えてくれなかったと怒るハルヒに)それは八つ当たりというものだが、今回ばかりはハルヒの怒気に賛成だ
  • (分裂P292)(長門が学校を休んでいるということを)何故、俺に言わん。
  • (分裂P293)(長門が休んでたことを古泉が知っていたとしたら)言わなかったことを責める。咎める。場合によってはつるし上げる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-17 (日) 03:04:35 (1746d)